今週のパック野菜

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 12:17

今週のパック野菜 《 レギュラー 》

キャベツ、サラダ菜、小松菜、ほうれん草

 

今週のパック野菜 《 ミニ 》

サラダ菜、葉にんにく、ルッコラ、原木生椎茸

 

わらびの出荷がそろそろ始ります。

春の山菜がいただけるのは、楽しみです(^−^)

すぐに食べない時は、あく抜きをしたわらびをざるに置いて、天日干ししてみてください。

カリウムや鉄分など栄養価もUPします。

 

 

サラダ

奈良の御所Kさんの春キャベツ、滋賀Yさんのラディッシュ、新玉ねぎでサラダを作りました。

鶏の胸肉があれば、塩・胡椒して、蒸して、割いてのせるとボリュームアップします。

 

クラッカー

三重県のS農園の小かぶの葉…

クラッカーにしてみました。

お菓子に使うのはどうかな?と思いましたが…

水分もちょうどいいくらいに飛んでくれました。

 

すもも

 

JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

2017年のお米スタート

  • 2017.04.23 Sunday
  • 21:06

 

今日は園部の生産者のヨージ&タッキーさまのお宅の「籾まき」−南丹農業教室で使うもち米の育苗も一緒にお願いしています。

 

その他にもK澤さんや消費者のY寺さんの田の育苗も同居しているので、地元の助っ人の方々も込みで10人以上の大所帯での作業になりました。「育苗」といっても何のことか分からんと思いますが、種もみを苗箱にまいて発芽・伸長させて「苗」にまで育てることです。最近は苗の段階から農協から買ってくる農家も多いので、ヨージさんちのように種まで自家製のは貴重になってしまいました。

IMG_0765.JPG

前日まで温水で殺菌していた種もみをムシロに広げて乾かします。Facebookで動画をご覧いただけたらお分かりと思いますが、育苗箱に機械で種もみを散布する時に、あまり湿っていると機械の中で「ダマ」になってしまって落ちてこなくなるので、ある程度乾かして種もみがパラパラ落ちてくるようにしないといけません。

 

IMG_0763.JPG

雪でハウスが倒壊して、消費者会員の皆様にご心配いただきましたが、ごらんのとおり見事に復旧しました。

今シーズンもここで稲の育苗をします。

 

 

IMG_0772.JPG

籾まきが終わった育苗箱を人海戦術でハウス内に運び込みます。

 

IMG_0773.JPG

ネギ用の運搬台車でハウスの所定の位置まで運びます。

 

IMG_0775.JPG

並べ終わったら上からアルミシートを張って温度を上げてやります。

 

IMG_0776.JPG

736箱(予定だった…らしい)の育苗箱を並べ終わったハウス内。聞き流していたけど、奥のブルーシートに並べるはずだった育苗箱は種もみを使い果たして欠場になったらしい。誰かが「こんなはずではなかった」とか大声でパニクっておられたようですが…。

 

ともあれ、今年の稲作シーズンもこれで本格的に始動。会員の皆様、ぜひ会生産者のお米のご注文をお願いします。

専従のつぶやき:幡谷編「この指農場、種籾の播種」

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 15:41

416()にこの指農業教室に担当として参加しました。

 

↑この指農場の1年

 

今回は種籾(たねもみ)の苗箱への播種と田んぼの均し作業でした。

思ったより日差しが強く作業終了後には顔が焼けるくらいでした。

↑苗箱に種籾を播く機械も使います

 

毎年毎年、農業教室に参加して思うのは『イネ科の花粉症』の僕にとっては地獄以外のなにものでもないという事です()

 

農業教室に参加するたびに、目がかゆくなったり、くしゃみが出たり、頭が痛くなったり

センターで働いている以上は覚悟の上。しょうがない事なんですが

↑大人も子どもも、みんなで田んぼの均し(ならし)をする

 

とはいえ、農業教室はいろんなことを学び、吸収できる場でもあるので、花粉症と戦いながら今年も頑張りまーす()

 

今週のパック野菜

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 10:29

今週のパック野菜 《 レギュラー 》

春キャベツ、サラダ菜、原木生椎茸、ネギ、葉玉ねぎ、ルッコラ、ほうれん草、水菜

 

今週のパック野菜 《 ミニ 》

春大根、春キャベツ、サラダ菜、ネギ

 

今週は葉物少なめです…。

春キャベツは葉が柔らかく、水分も多く甘いので、サラダや浅漬け…など、生食が向いています。

芯は水分を必要とするので、くり抜いた方がいいと思います。

春キャベツは傷みやすいので、お早めに調理してください。

 

 

椎茸の肉詰め

奈良月ヶ瀬の生産者Iさんの椎茸、肉厚でプリっとした食感でとても美味しいです。

傘の内側に薄く薄力粉か片栗粉をはたいて、ぎゅっと詰めるとはがれにくいです。

冷めても美味しいので、お弁当にもいいです。

 

すもも

 

JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

2年越しのシイタケ

  • 2017.04.16 Sunday
  • 19:47


もういつの話か記憶が曖昧なのですが、南丹の交流の家でシイタケの菌うちをしました。

その時の原木を2本持って帰ったのですが、なかなか管理できずに車庫の片隅で放置されていて半ば諦めていたのですが、いつの間にかシイタケができていたのを母が見つけて来ました。ちょっと感激。


私の住むところは住宅街の中で、ここの小学校は京都府で三本の指に入るマンモス校と言えばその規模がお分かり頂けると思いますが、私が小学生の時はまだ近所の方々が山持ちで、通学路の途中にシイタケの原木がズラリと並んでいたものです。

その原木群のあった小山も今は団地に姿を変えましたが、このシイタケを見て、うちの子供らが本来のシイタケ栽培の姿とその目的(森林保全)を少しでも分かってくれたらと思いました。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM