栗と新ショウガの特別販売

  • 2020.10.16 Friday
  • 21:40
センターの供給から消えて久しい栗と新ショウガ。

前者は日吉町胡麻地区(現、南丹市)の青木さん、後者は奈良は御所市の森さんや北村さん。その多くが舞台に現れなくなり、後継者もいないことからそのままに。

ところが、センターU氏の奮闘で栗は信州伊那の宮下さんと新進気鋭の谷口光里さん(谷口成生さんのお嬢様)から。


新ショウガはこれまた新規の生産者、ぐるり農園(伊賀)ら、フレッシュな会生産者の皆さんから出荷がありました。


いずれも安全農産の注文書には間に合わなかったので、とりあえず少しずつ「行商」にしますが、メールでも注文受け付けます!

info@anzennousan.comまで会員番号、供給(お届けコース)曜日、お名前、品名、希望数をお送りください。

栗は500g 650円、新ショウガはたしか200g550円だったかと。いずれも税込。なくなり次第終了!当たらなかったらすみません。

パック野菜

  • 2020.10.13 Tuesday
  • 08:08

今日のパック野菜はカラフルです(笑)
野菜ではなくコンテナの話


頭芋のコロッケ

  • 2020.10.08 Thursday
  • 22:28
今週から「この指とまれ農場」の頭芋(親芋)の行商がスタートしています。1個170円。



女性スタッフがコロッケにしてくれました。ジャガイモと半々の割合で潰したものを、牛豚合い挽きミンチ、イゲタのめんつゆ、バター、塩少し、衣をつけて揚げました。



ホクホクしている中にも里芋系特有の粘り気があって美味しい。

まだ在庫あるようなので、希望される方は安全農産までご連絡下さい。

秋映(あきばえ)

  • 2020.10.08 Thursday
  • 12:35


秋映、入りました。あきばえ、と読みます。中生(なかて)リンゴと呼ばれる、シーズン中盤のシリーズの品種のひとつで一番人気です。

新製品、野菜スープ用(仮名)

  • 2020.09.30 Wednesday
  • 21:34
南丹加工クラブから近日中に新商品が出ます。柚子胡椒、パプリカピクルスと続いて、野菜スープ用のカット野菜。


南丹の生産者の玉ねぎ+黒澤さんのカボチャ+西さんのパプリカ+紐豆。


日曜の朝10時から、園部町埴生の湯浅さんの敷地内にある加工場で、まずは野菜のカットからスタート。


大きなボウル3杯はある玉ねぎを、ひたすら皮むいてカットすると、目が痛くて痛くて…?


カボチャは3種類、鉄かぶとカボチャとバターナッツカボチャなど。均等の厚みにカットするのが少し難しい。


パプリカは赤と黄色。



紐豆は調理時に味が染みやすいように、斜めにカット。


カットするのに時間がかかって、昼食にこぎつけたのはもう1時。理事の江副さんが明け方から作って下さった重箱とキッシュを頂きました。




後半の作業は袋に詰めて脱気する。2袋ずつしかできないので、パパッとはいかない。最初は聡子さん、途中から私もやらさせて頂いたが、数袋、シール部にシワが寄ってしまい「やり直し」?



そんなこんなで終わったのが4時ごろ。思いのほか時間がかかりましたね。参加者の皆さま、お疲れ様でした。


では皆さん、注文書にしっかり目を光らせて、出たらぜひご注文下さい。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM