電力自由化と太陽光発電の闇〜オフグリッド生活入門〜ズ能回

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 18:25

JUGEMテーマ:電力自由化

電力自由化と太陽光発電の闇〜オフグリッド生活入門〜ズ能回

『食糧自給だけじゃない。電力だって自給しよう』

 

◆解決策は一つ、なのに…。

メガソーラーの発電量が大きすぎるがゆえに、天候の急な変化によって発電量が乱高下すると最悪の場合停電することになり、ほとんど活用できていない、つまりハリボテのようなものだ、という事を先週書きました。そのハリボテのメガソーラー発電所は、発電能力だけをみれば実に原発10基分もの発電力があるにもかかわらず、実はほとんど役に立っておらず、原発をなくすことが出来ないという残酷な現実に対して解決策はないのか、というところで先週は終わりました。実は解決策は、ものすごくシンプルですぐにでも可能な事なのです。

それは「メガソーラーにバッテリーをつける」ということ。それだけです。もしバッテリーをつければ、発電した電気を一旦バッテリーに貯めて、必要に応じて供給すれば、昼も夜も関係なく、安定した電力供給が可能だからです。しかし、木村さんはこう続けます。「バッテリーをつければいいことは分かっていても誰もしない。なぜならみんな金が大好きだから。バッテリーをつけたら採算が合わないことが分かっているから」と。ソフトバンクの孫さんは、自然エネルギーへの莫大な投資で非常に注目されましたが、ビジネスとして投資したに過ぎず、環境への配慮から私財を投げ打ったわけでは全くありません。北海道に並べられた44万枚の太陽光パネルは、いずれ採算が合わなくなったら残業廃棄物の山として処理されることでしょう。何の役にも立たないハリボテなのですから。

 

◆電力自由化と自然エネルギーの未来

 ここまで書いてきてはっきりしてきた事は、電力自由化によって私たちがどのような電力会社を選んでも原発がなくなったり、原発と縁を切る生活が出来る事はないということです。どんな素晴らしい理念の電力会社を選んでも、送電線の使用料に廃炉費用や賠償費用が上乗せされてきます。どれだけ屋根に太陽光パネルを乗せても、バッテリーとセットでなければ、原発は様々な思惑を乗せて動き続けます。電力自由化の未来は、言ってみればお先真っ暗なのです。

 そして、私たちにできる有効な手段としては、前にも書きましたがやはり一人でも多くの人が電力を自給することなのではないかということに落ち着きます。少なくとも原発と手を切る手段としては原発のない国に移住するか、オフグリッド生活をするかという2択しかないのではないでしょうか。メガソーラーのことでもそうですが、お金を基準に考えてしまうと、どこまで行っても、いったん破滅してしまうまで原発から逃れる事は難しいように思います。単にアベ政権の思惑うんぬんではなく、日本中の70%近くの企業が原発産業と直接・間接的に関わって恩恵を受けているわけですから、単純な政権交代では事は解決しないと言えます。日本経済全体が、構造的に原発にどっぷり依存しているのです。ということは、もう一度福島第一のような事態が起きたとしても、日本はそれでもなお原発と手を切ることが出来ない可能性の方が強いのです。

 

お金を稼ぐ力ではなく、生きる力

 なにも「みんな太陽光パネルをつけて自家発電すべきだ」と言いたいわけではありません。まだ2017年現在でも、格納容器の溶けた核燃料がどうなっているかも全然わからない状況下で「福島原発はアンダーコントロール(制御できている)だ」と言って再稼働を推し進める首相と原発ムラの人たちは、電力自由化と言いながら原発の料金は送電線の使用料金にこっそり上乗せしたり、自然エネルギーを利用しようと言いながら、役に立たないハリボテのメガソーラーを作ったり・・・。要するに全く信用できないわけです。黙っていたら好き放題されるので、デモや署名活動をして、積極的に意見を発信するわけですが、それ以外の意思表示の選択肢として、電力の自給という行動は面白いなと思いました。今回取り上げた太陽光発電が一番というわけではなく、いろんな可能性があっていいと思います。例えば、日本の使われていないダムなどを水力発電所として再利用できるという話も聞きました。根本的な問題は、普段から無自覚に電気を使いすぎな事だと思います。電気も食料も、自給すればそのありがたさが身に染みるそうです。トランプ大統領が誕生し、世界が不安定な方向にはっきりと舵を切ったように見える今、「お金を稼ぐ力」よりも、「生きる力」が問われてくるのだと思います。人まかせではない電力の自給力もきっと大事になってくるのではないでしょうか。

今回のコラムはこれでおしまいです。長々とお付き合いいただきありがとうございました。≪連載おしまい≫

専従のつぶやき:道下編「今年も味噌を仕込みました」

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 18:22

専従のつぶやき:道下編「今年も味噌を仕込みました」

 

この時期になると毎年同じことをブログに載せていますね。

そうです。今年も手前味噌を仕込みましたよ〜。

 

ブログの担当がまわってくる間隔が長くなったので、少し前になりますが、

2月5日に1回目。3月5日に2回目と2回に分けて大豆4塋(出来あがりは18圓曚鼻砲鮖店みました。

と、その前の2月4日に昨年仕込んだ味噌をご開帳しました。

昨年は九分づき糀の味噌と三分づき糀の味噌を仕込みました。

 

初めて三分づき糀で味噌を仕込んだのですが、結果は無事に味噌になっていました

(上級者向けということだったのでホッとひと安心)。

 

 

味見しましたが2つの味噌の味に違いはそんなに無かったです。2つの味噌を混ぜて使っています。

 

 

で、話を味噌の仕込みに戻して、材料の話を・・・。

 

大豆は父親の家庭菜園の無農薬の青大豆、

 

糀は井上本店の乾燥九分づき糀、塩は海の精の漬け物塩

水は地元亀岡の湧き水と例年通りです。

 

 

今年は2回とも九分づき糀で仕込みました。

作り方も安全農産で配っているレシピ通りです。

10年ほど毎年していますが一度も失敗していないことが自慢ですね(失敗したときにたたかれそうで怖いですが…)。

 

ちなみに、フタは竹の皮と石でフタをしています。

この方が毎年フタの上にはびっしりカビや産膜酵母が発生しますが、良い具合に発酵してくれて味が良いです。

 

大豆と糀と塩を混ぜて、

 

カメに仕込んで清めの塩をして、

 

重石をのせて、

フタをして完成!!
おいしい味噌ができますように!
BY道下

今週のパック野菜

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 12:18

今週のパック野菜 《 レギュラー 》

春大根、キャベツ、ほうれん草、ブロッコリ、高菜、ネギ、原木生椎茸

 

今週のパック野菜 《 ミニ 》

小カブ、小松菜、紅菜苔、ネギ、原木生椎茸

 

顔よりも大きな、ずっしりとしたキャベツでした^_^;

 

 

新玉ねぎのサラダ

新玉ねぎ…辛みのもとの硫化アリルは、熱に弱いので生食がいいです。

水にさらさず、スライスして30〜1時間ほど放置してください。

辛みはぬけて、栄養もそのままいただけます。

 

S農園のほうれん草を使って…スポンジケーキ

ほうれん草は、さっと茹でて、細かく刻んで使います。

材料は卵、薄力粉、てんさい糖、甘酒、ほうれん草、菜種油です。

 

すもも

 

JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

専従のつぶやき:糸数編「花の香りに「春近し」を感じる」

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 14:10

専従のつぶやき:糸数編「花の香りに「春近し」を感じる」

 

某月某日。

 

供給が終わって次のグループに向かおうとした矢先に、その会員が「糸数さん、持って帰り」と庭先の沈丁花を切ってくれました。

 

沈丁花はジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木。

 

 

花言葉は「栄光」「不死」「不滅」「歓楽」「永遠」とか。

 

トラックの中で、残り数グループの供給中、花の香りを堪能いたしました。

 

沈丁花の甘い香りが春の訪れが近いことを知らせてくれたかのようでした。

 

まだまだ寒い日が続きますが、みなさまご自愛ください。

 

春はそこまで来てますよ。

電力自由化と太陽光発電の闇〜オフグリッド生活入門〜

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 14:04

《連載》電力自由化と太陽光発電の闇〜オフグリッド生活入門〜

『メガソーラー発電所はハリボテ?』

JUGEMテーマ:電力自由化

 

◆元・東電の原発技術者の話

田中優さんの次にお話を伺ったのは、元・東電の原発エンジニアの木村敏雄さんです。木村さんは福島第一原発の1〜6号機の設計をおこなった方です。どうしてそんな方がオフグリッド推進のグループにいるのか、という事は直接語られませんでしたが、お詫び行脚のために日本中を回っておられるとのことでした。現在は高知県でオフグリッド生活をしながら、原子力発電所の設計で培った技術力を生かして、今回の講演会のような様々な活動を行なっておられます。電気のことを知り尽くした方から聞く原発や太陽光発電の話は非常に刺激的でした。いくつかご紹介していきます。  

 

◆太陽光パネルはもう珍しくない

田舎を車で走っていると、空き地や田園地帯で突如として一面ソーラーパネルで埋め尽くされた場所を頻繁に見かけるようになりました。もちろん、住宅地でも、あちこちで屋根にソーラーパネルが搭載されている家を見かけます。しかし、そのほとんどは蓄電機能を持たず、電力会社に売電することが目的の太陽光パネルです。

メガソーラーは、そのような小規模の太陽光パネルではなく、1000キロワット以上の発電能力を持つ巨大な太陽光発電所です。主に大企業によって運営されており、その数は2012年頃には全国で50カ所にも満たなかったようですが、2016年現在2500カ所に迫る勢いで増え続けています。その多くが集中する北海道に11万キロワットの発電能力を持つメガソーラーが誕生しました。ソフトバンクグループが166万平方メートルの土地になんと44万枚もの太陽光パネルを敷きつめた「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク」を建設したものです。そのすべてを北海道電力に売るそうですが、ここに大きな落とし穴がある、と元原発技師の木村さんは言います。

 

◆メガソーラーはハリボテ?

「再生エネルギー=良いもの」という考えが私たちの中にないでしょうか。少なくとも原発よりは良いものであり、太陽光発電がどんどん増えれば原発はいつか不要になる日が来るのではないかという期待はあると思います。実はメガソーラーといわれる大型の太陽光発電はほとんどハリボテの様なものなのだそうです。

どういう事かというと、太陽光パネルは(性能にかなり差がありますが)少しでも雲が出て太陽が隠れると急激に発電量が減ります(ほとんどゼロになるものも)。そして太陽が顔を出すとまた急に発電を開始するのです。これを大出力のメガソーラーで行なうとどういう事になるか、というと…。日本では西日本が60ヘルツ、東日本が50ヘルツ、と電源周波数が決まっています。その周波数にあわせて、様々な工場の機械や電動のモーターが制御されています。この周波数は各発電所が一定になるように制御しているのですが、急激な天候の変化により、メガソーラーの発電量が乱高下すると、この電源周波数が増えたり減ったりして、最悪の場合停電してしまうのです。注目したいのは電気が足りない場合だけでなくたくさん発電し過ぎても、コントロールできずに停電することがあるという事です。つまり、せっかくメガソーラーで作った巨大な電気を、大規模なものを作りすぎたがゆえにうまくコントロールできず、結果としてろくに活用できていない(ほとんど捨てている)、というのが真実なのだそうです。さらに、あろうことか大手電力会社は、家庭や企業が作った電気を遠隔操作で勝手に捨ててもいいという法律さえあるのです。しかも、太陽光発電は昼しかできません。つまり、どれだけ太陽光パネルが日本中を埋め尽くしても、原発を無くすことには繋がらないのです。なんという残酷な現実でしょうか(涙)。皮肉としか言いようがありません。私たちは一体どうすればいいのでしょうか、というところで、続きはまた来週です。

 

※これはあくまでもメガソーラーの話です。家庭用の小規模な太陽光パネルはまたちょっと事情が違いますので、ひとまずご安心ください。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM