パプリカピクルス登場

  • 2020.09.19 Saturday
  • 21:15
新規扱い品の案内です。パプリカピクルスです。南丹加工クラブと会生産者の「あゆみ農園」(和歌山)のコラボ企画。「あゆみ農園」はかつて会の事務所にいた愛美ちゃんがお連れ合いです。若手農家ご夫妻で有機農業に取り組んでいます。

柚子胡椒に続き、会生産者の農産品の活用の一環として取り組みました。スパイスもオーガニックにこだわっています。松本市の低農薬栽培リンゴを使ったリンゴ酢とか。

今週、注文書お配りした中の「141」番に載ってます。カレーの付け合わせに、あるいはワインのアテにどうぞ。



140gで454円のところ初回セールで387円!しかし130袋しかないので、1回目で完売したらセールした意味がないんでないの?とツッコミ入れさせて頂きました(笑)

9/22(火)〜9/26(土)注文書回収です。

リユースびんのその後

  • 2020.09.10 Thursday
  • 12:36
肉体労働1時間。なんのこっちゃ?、今日はリユースびんの搬出がありました。終わった後の写真しかないですが。


リンゴジュース、みかんジュース、梅シロップのガラスびんに「R」マークが付いていますね。これがリユースびんの証です。1本あたり50円のデポジットが付いているので、請求時にその分を差し引かせていただいています。


キャップが付いていないものが多々あって、雨水が入って運ぶときに重いのなんの。倉庫横の保管場所から4トン車まで、5人でバケツリレー方式で運びましたが、途中で足がふらついている人1名(笑)

ビンの洗浄を手がけてくださる吉川商店さんの言うには、我が会は残念ながらリユース率はまだ半分!もっと頑張らねば!

熊本豪雨と甘夏みかんジュースのお礼

  • 2020.08.08 Saturday
  • 19:05
ブログとFacebookで呼びかけた、「からたち」(旧反農連)の甘夏みかんジュースのその後ですが、お陰様で多くのご注文を頂きました。

「からたち」の大澤さんからもお礼のお言葉を頂いていますので、代わりましてお礼申し上げます。大澤さんは、ご自身の売上の中から、被災した地元農家への支援に使わさせて頂く予定とのことです。


セール価格にしていた効果も手伝って、183本もの注文がありました。通常、週あたり10本出れば良い方なのですが、Facebookで拡散頂いたり、保育園内でお声をかけて頂き、大口のご注文も数件ありました。ありがとうございます。

パプリカの生産者を訪ねて

  • 2020.07.27 Monday
  • 18:25

あゆみ農園を訪ねた会員さんから寄稿です

代表理事の山典子です!理事会広報チームとしての和歌山は根来の西 歩さん&愛美さんご夫妻を訪ねました。専従の渡辺さんと会員4名で2020.7.13訪ねました。

 

 あゆみ農園さんは、センター生産者として10年。西愛美さんは、会の事務局を担って下さっていた方でもあります。西歩さんは、IT会社を経て新規就農されました。ハウス温度や日射量をIT管理することで、省力化営農されていることが2018年12月に読売新聞に掲載されました。

 

西さん2.jpg

 

 センターへはズッキーニ、パプリカ、オレンジカリフラワーを出荷されています。大阪のイタリアンレストランも西さんのお野菜御用達、ゆえにこんなお野菜たちも育てておられます。じゃがいも「アンデスレッド」・チーマディラーパ・カーボロネロ(冬の菜っ葉)・秋まきスナップエンドウ、人参。

 

 ハウスの中を見せてもらいました。ハウスは2棟、中では若いお母さん達(パートさん)が作業中でした。ハウスの中では160センチほど背丈のパプリカが育っていました。ズッキーニもグリーン・黄色2色出荷されていますが、パプリカも赤と黄色と2色を作っておられます。

 

 1棟に4000本のパプリカが並んでいる姿は壮観です。葉っぱが大きくて、立派!食べられそうですがこれは、食べられないそう・・・。これからまだ育つとのことで、3メートルほどになるので上からリールを使って釣るカタチで支えられていました(写真に〇を付けています)西さん3.jpg)。

 

 このパプリカは7品種植えられたとのこと。種から育てられた実生の苗は4月末に定植されました。接ぎ木の苗は3月10日に定植されました。ところが実生の方が早く育ったそうです。トマトと同じ時期のようではありますが、トマトより出荷は遅くなるそうで気が長いヒト向きの野菜?だそうです。

 

 「パプリカは甘いため、虫がつきやすく3年間はアブラムシ駆除のため、低農薬で栽培していたが、今年は、コレマンアブラバチというアブラムシの天敵を導入することで、農薬を使わなくて済むようになりました。」とのこと。アザミウマの天敵となる虫(タバコカスミカナ)が、よく育つ花木もハウス内にうえられていました。

 

西さん1.jpg

 10月末まではパプリカの出荷が続き、8月末からは人参・ブロッコリー・カリフラワーの種まきだそうです。ブロッコリー・カリフラワーはアンケートでも多くの方々が、「もっと増やしてほしい」という声を寄せておられました。是非今年もたくさん出荷下さい、とお伝えしてきました。

出荷できないパプリカをいただいてしまいました。カット野菜・スープ化の実験に使うことになりました。

パプリカはカットして冷凍保存可能なのです。大きい最初のものが特に美味しいそうです。

 

 貴重な時間を割いて、お話し下さったあゆみ農園のお二人に感謝します。ありがとうございました。

JUGEMテーマ:オーガニック農産物

 

貴重な無農薬スイカ

  • 2020.07.20 Monday
  • 23:38
無農薬スイカ、たくさんご注文いただきありがとうございます。


奈良の御所市まで60コンテナはあるスイカを取りに行きました。120〜140個はあるでしょうか。


長雨で炭疽病にやられ、今週限りで出荷は終わりそうです。2回目の企画でご注文頂いた方には、丹波町の黒澤さんのもので対応することになると思います。欠品になったらゴメンなさい。

上田さんからはトマトも出てきます。長雨で夏野菜もイマイチですが、3連休に梅雨明けすると聞いていますので、それ以降に期待です。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM