奈良・御所地区生産者を訪ねて

  • 2016.09.22 Thursday
  • 19:41

9月17日(土)のお話です。

和歌山県境が近い、奈良県・御所市の生産者の田畑を、会員の皆さんと共に訪ねてきました。

 

参加者は14名と大勢の参加となりました。台風の接近で、天気が心配されていました。

ふたを開けてみると、曇りのち晴れとまずまずの行楽日和でした。

 

まずは生産者のお宅から近い、大和葛城山へ向けてハイキング。

IMG_2151.JPG
生産者の上田誠宏さん(トマト生産者)と北村隆史さん(柿生産者)の案内で、ロープウェイに乗り葛城山の山頂に向かい、軽いハイキングをしてきました。

 

もやがかかっていて、遠くまできれいに景色は見えませんでしたが、ススキ野原や、アサギマダラチョウなどを見ることができました。

 

IMG_2156.JPG

ロープウェイから下界〜大和平野が一望できます。

 

IMG_2164.JPG

山頂近くの苔むす葛城天神社です。厳かな雰囲気が漂います。

 

IMG_2169.JPG

 

IMG_2181.JPG

まだ残暑厳しい下界と異なり、山頂はもう秋の気配がヒタヒタとススキにのって押し寄せてきます。

 

IMG_2185.JPG

空へつながる道。葛城山頂近くにて。

 

お昼に北村洸子さん(キゥイ生産者)と、誠宏さんの奥様と合流して、自己紹介や畑の様子などを話して交流しました。

P1030834.JPG

 

午後からは、前述の生産者の皆さんの田畑を見学しました。

見学の途中で北村金吾さん(96歳)や上田憲吾さん(91歳)にもお会いして、金吾さんには柿園の案内を、憲吾さんには、今年栽培して収穫した金ゴマの説明をそれぞれして頂きました(近日、出荷予定!こうご期待)。

P1030853.JPG

会生産者の長老の一角をなす、憲吾さんです。ゴマの木を干しておられます。

 

P1030855.JPG

20年ほど前まで栽培して頂いていた「金ごま」〜すごく手がかかる貴重品です。

 

お二人ともお元気で記憶力も素晴らしく、とても90歳を超えているとは思えませんでした。

参加者のみなさんもお二人に会えてとても嬉しそうでした。

P1030898.JPG

最年長の金吾さん(左)。まだまだお元気です。

 

IMG_2200.JPG

山麓線と呼ばれる、金剛山のふもとを走るドライブコースを歩きます。たわわに実った稲穂。

 

IMG_2226.JPG

紀の川水系と金剛山の山水が合わさった美しい水路。生産者の皆さんの田畑をうるおします。

 

P1030864.JPG

憲吾さんちの二代目生産者・誠宏さんです。ジャガイモやトマトを出荷して下さっています。

 

P1030870.JPG

生産者の田畑の横には彼岸花が咲き乱れていました。


参加者の皆さんは今年も御所地区の生産者のみなさんにお会いして、ご当地のきれいな風景に感動して下さいました。

参加者のみなさんからのご感想は、弊社の発行する機関誌に掲載しています。【道下】

イベント情報:10月3日(月)暮らしの知恵講習会「玄米の炊き方とおいしいみそ汁の作り方」

  • 2016.09.21 Wednesday
  • 18:35

10月3日(月)暮らしの知恵講習会「玄米の炊き方とおいしいみそ汁の作り方」

 

暮らしの知恵講習会・第6弾がおこなわれます。

 

今回は玄米の炊き方と、おいしい味噌汁の作り方です。

 

 

玄米は圧力鍋を使って、ぼそぼそしないで美味しく炊くコツをお伝えします。

 

みそ汁は、昆布を使ったシンプルで滋味深いお出汁のとり方、作り方をレクチャーします。

 

ぜひご参加下さい。申込みは使い捨て時代を考える会事務所まで。

電話:075-361-0222

FAX:075-361-0251

 

日時:10月3日(月) 10:30〜14:00

〆切:9月30日(金)

参加費:会員 1,000円

    非会員2,000円(いずれも昼食代込み)

 

 

お待ちしています。

 

 

 

 

専従のつぶやき・上田編「上田家のお盆」

  • 2016.09.21 Wednesday
  • 15:57

専従のつぶやき・上田編「上田家のお盆」

 

上田家の一風変わったお盆の模様をご紹介します。

 

お盆と言えば・・・

上のようにきゅうりとナスで馬と牛を作って飾っていた記憶があるのですが・・・。

 

最近では野菜の飾り付けがエスカレートしてきて、

スペイン・バルセロナのサグラダファミリアのようなゴテゴテしたものになっています。

それが下の画像。

最初のイラストと同じ用途の飾りつけとは到底思えないアバンギャルドな仕上がりですね(笑)。

 

この飾りつけは、集落の老人会の方が作ったものが送られてきます。

ここ最近の流行りなのでしょうか、かぼちゃに、串を刺して野菜をくっつけるものがメイン。

刺す野菜はナス、ピーマン、キュウリがほとんどでしたが、今回はネギが2本両側にある大物になっています。

でも正直のところ、これで宗教的にどうやって先祖が乗って帰ってくるのかという疑問は残りますが・・・・

とりあえずしばらくは実家の玄関に飾られているかとおもいます。

 

 

JUGEMテーマ:小さなくらしと小さな手づくり

今週のパック野菜

  • 2016.09.20 Tuesday
  • 12:17

今週のパック野菜 《レギュラー》

茄子、ピーマン、万願寺とうがらし、トマト、オクラ、パプリカ、人参間引き菜、ツルムラサキ

 

今週のパック野菜 《ミニ》

茄子、ピーマン、万願寺とうがらし、オクラ、パプリカ、人参間引き菜

 

今日はお昼過ぎから夕方にかけて雨・風がきつくなりそうですね。

お出かけされている方は気をつけてください。

 

先週、いんげん豆が届きました。

1年に三度ほど栽培できることから三度豆とも呼ばれるそうです。

今週はモロッコ豆の出荷もありました。

一年ぶりなので楽しみです。

 

 

 

茄子とピーマンの炒めもの

3ミリほどに切った茄子と、輪切りのピーマンをオリーブ油で炒めます。

しんなりしたら、塩・胡椒で味付けします。

ハーブソルトがあれば、ぐんと美味しくなります。

 

 

春雨と三度豆の炒めもの

春雨は、熱湯で2分ほど茹でて、水気を切ります。

フライパンで豚肉を炒め、三度豆も入れて炒め、春雨も入れます。

ひたひたの水、醤油、きび砂糖を入れて、水気がなくなるまで、煮ます。

 

すもも

 

JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

創立40年…転機を迎えています

  • 2016.09.18 Sunday
  • 10:34

 三連休の初日ですが、安全農産供給センター(以下、センター)の会議室に、法人本体である「使い捨て時代を考える会」の理事の皆さんと、センターの取締役とが一堂に会してディスカッションを行いました。

 

 題して「合同会議」−この会は“何ちゃら委員会”とか、かなり真面目なタイトルが多いので、何のことか分からないという会員さんも多いと思います。会もセンターも40年を経過していろいろと蓄積した課題があります。農産品をひとつのコンテナにセットしてお届けするパック野菜の注文の減少とか…。

 まず重要なのは、随所に支店があって近距離の配送ばかりの他団体(生協)などと異なり、配送エリアが広範囲に渡るセンターの現状。距離が長いゆえに1日に回れるスポットには限りがあります。そして顕著になってきた消費の減衰と会員の高齢化。当然ながら一つの配送コース当たりの効率は悪くなります。

 

 もともとこの会は、多人数がひとつの班を形成するという「共同購入方式」を堅守してきた事情があり、堅田や近江八幡から北大阪までカバーするというお届けエリアの範囲の割にはトラックは7台と少な目。その一方で職員の数は年々減少しており、1人当たりの業務の負担は増すばかりで、鶏卵や農産品の需給の調整や新しい企画などに割ける時間が乏しくなりました。

 

 

 そこで17日の土曜日に社長の招集で理事と取締役の皆さんとで、この現状を打開するためにはどうしようかというお話になりました。まずは他の会員さんにお知らせしないといけないねということで、意見広告…もとい広報誌を出すことになっています。理事の皆さんにもセンターの置かれた実情を丁寧に説明すると痛感させられた半日でした。

 

集まった理事と取締役の皆さんです

繝輔ぃ繧、繝ォ_001 (450x338).jpg

 

理事長のノリピーさん(左端)のお導きのもと、壁に貼られた紙にセンターの課題が書かれます。

大きな付せんに課題を書いてワークショップ?を試みるは理事のクー様。

繝輔ぃ繧、繝ォ_002 (450x338).jpg

 

描きあがったところでディスカッションに入りましたが、他の打ち合わせもあるので、ここで時間切れ。

繝輔ぃ繧、繝ォ_003 (450x338).jpg

 

広報誌の第一号は近日中にお届け…できるはずです。会員の皆様、ぜひお目をとおしてご意見を下さいませ。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM