今週のパック野菜

  • 2017.01.17 Tuesday
  • 11:35

今週のパック野菜 《 レギュラー 》

金時人参、大根、小カブ、ブロッコリ、ミニセロリ、水菜、山東菜、菊菜

 

今週のパック野菜 《 ミニ 》

金時人参、キャベツ、紅芯大根、ブロッコリ、小松菜

 

今朝は雪を心配しましたが、大丈夫でホッとしました。

昨日は、南丹生産者Yさんから雪が40僂眄僂發辰討い泙…と電話がありました。

金曜日は、また寒くなるそうです(*_*;

 

 

赤カブの甘酢漬け

時間のある時に作っておいたら、気がついたら味も馴染んでいます。

 

最近の流行り…です。

キムチを漬ける薬念(たれ)を作って、白菜、大根やカブの葉などに漬けておくだけです。

薬念は冷凍しておくと作りたい時にすぐ使えて便利です。

 

ふりかけ

あみえび、ごま(白・黒)、かつお節、塩、梅干し…それぞれを順番にフライパンで空炒りして、細かく砕きます。

お弁当のおともに。

 

すもも

 

JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

専従のつぶやき:朴編「2017年の幕開けです!」

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 16:20

専従のつぶやき:朴編「2017年の幕開けです!」

 

明けましておめでとうございます。

 

今年も安全農産供給センター、並びにこの安全農産ブログをよろしくお願いします。

 

2016年は個人的にも世間的にもいろいろ1616あった年でしたが、

2017は、いーな17と呼べる年にしたいですね。

 

そして今年は酉年ということで、世間でも飛躍の年なんて言われていますが、

安全農産でも鶏たちが元気になる年になりそうです。

 

中でも今年、この指とまれ農場は使い捨て時代を考える会の農場として設立されて以来40年を迎えます。

 

ですので、会員さんにもこの指とまれにたくさん来ていただけるような企画を考えようと計画中です。

 

この指とまれにまつわる今後の動きに注目して下さい。

 

 

個人的には、昨年地元で作ったお米が無事に脱穀(小学校からお借りした足踏み脱穀機によるもの)・

選別(こちらも小学校からお借りしたトウミによるもの)を終え、

籾摺りを待つ段階まで来ています。

 

収量も今のところ約150kgは見込めそうで、自分たち的には今までで一番のできになりそうです。

 

今年も酉のように更なる飛躍を目指して、米づくりに挑みたいと思います。

 

さて、どうなりますか?

 

BY 朴

今週のパック野菜

  • 2017.01.10 Tuesday
  • 12:25

 

明けまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

黒豆にこめられた願いは、長寿と健康です。

 

生産者Tさんの黒豆です。

むっちりと、ふっくらと…とても美味しくいただきました。

 

 

今週のパック野菜 <レギュラー>

白菜、大根、ブロッコリ、紅芯大根、小カブ、紅菜苔、ネギ、原木生椎茸

 

今週のパック野菜 <ミニ>

白菜、ブロッコリ、小松菜、オータムポエム、チンゲン菜、ルッコラ

 

 

お節料理から…

 

お煮しめ

七福なます

寝込んだ正月になってしまったので…

娘たちが色々作ってくれました^_^;

 

 

供給が2週間ないと、冷蔵庫の野菜が寂しいです(*_*;

今週は紫色の茎が印象的な紅菜苔が入っているかもしれません。

春をつげる野菜なんだそうです。

 

すもも

 

JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

管理人のつぶやき「2016年を振り返って」

  • 2016.12.21 Wednesday
  • 17:26

2016年もあと10日ですね。

今年は皆さんにとってどのような年だったでしょうか?

 

日本でも政治的な暴力が吹き荒れた、呆れた一年でしたが、

世界的にみれば、事態はそれ以上に混迷を極めているように感じます。

イギリスのユーロ離脱、ドナルド・トランプの大統領選勝利・・・

そして今、ドイツでも難民の受け入れに反対する野党が勢いを増しているという状況下での先日のテロ。

世界で起きている様々な事が一本の線となって繋がっているようで、背筋が凍ります。

今年起きた大きな変化がきっかけとなって、

2017年、そしてこれからの何年かの間に世界は大きくその様相を変えるかもしれません。

 

今年ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランはこんな詩を書いています。

 

 俺たちは政治的な世界に住んでいる

 愛に居場所はない

 俺たちは犯罪の世界に住んでいる

 犯罪には顔がない 

 

うーん、さすがボブディラン。

なんと見事に今の時代を言い表しているのだろうと思います。

この詩自体は30年近く前に書かれたものですが・・・。

 

それでも、私たちに出来る事はあるはずだと思います。

というか、そう信じています。

世界がどのように姿を変えても、変えてはいけないものがあるはずです。

そしてそんな変えてはいけないものの中でも、一番希望を感じるのが農業という分野です。

安全農産として、そして日本に暮らす一人の人間として、

農業に未来があるような国になるように、来年も様々な活動をしていけたらいいなぁと思います。

 

2017年もどうぞよろしくお願いします。

 

じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html

今週のパック野菜

  • 2016.12.20 Tuesday
  • 11:44

今週のパック野菜 《レギュラー》

里芋、大根、ほうれん草、小松菜、菊菜、チンゲン菜、ネギ、ブロッコリ、ルッコラ

 

今週のパック野菜 《ミニ》

白菜、ほうれん草、山東菜、ネギ、小カブ

 

来週は、年末特別供給です。

この前1年の半分が過ぎた…と言っていたのに。

忙しいと後回ししていたことのツケがどどっと押し寄せてきそうな気配がします…(*_*;

 

しろ菜の煮たん

しろ菜はサッと茹でてから使うと味がしみ込みやすい気がします。

傷みが早い野菜なので、届いたら早くお使いくださいね。

胡麻和えも美味しいです!

 

 

クリスマスも近いので…

お家クッキーを焼きました。

 

家の設計が悪くて、なかなかピタッとはいきません…

 

 

 

すもも

 

JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM