今日のパック野菜20181115(紅芯大根の情報あり)

  • 2018.11.15 Thursday
  • 18:53

今週のお野菜も美味しそうです。

 

パック野菜181115

 

(右)ミニパック野菜

紅芯大根、白ネギ、原木生椎茸、ホウレン草、チンゲン菜、ルッコラ、小松菜

 

(左)パック野菜

大根、紅芯大根、サニーレタス、原木生椎茸、山東菜、チンゲン菜、三度豆、ホウレン草、小松菜、ネギ、ルッコラ

 

代わり映えしない写真ですみません。

広げて撮った方がいいのはわかっているのですが、制限時間のある宅配作業の合間にあわてて撮っているので許してください。

 

 

紅芯大根がパック野菜に入ってきました!

昨年は不作で供給できなかった紅芯大根が今年はセットできます。

ころりとした愛らしい形。短い大根のようだったり丸っこい蕪のようだったり、一つひとつ個性があって楽しいです。


紅芯大根は中国野菜。皮は白や薄緑ですが、切ると中は鮮やかなピンク色です。

辛味が少なく甘みが強いため、生でサラダや甘酢漬けなどがおすすめですが、薄く切ってしゃぶしゃぶや大根餅などもおすすめです。ぬか漬けもとってもおいしいです。
ピンクの部分だけ使っておろしを作るとピンクのきれいな大根おろしができますよ。


紅芯大根のポタージュ
材料:紅芯大根、玉ねぎ、ベーコン、塩、こしょう、だし汁
作り方:
1.だし汁で紅芯大根がやわらかくなるまでコトコト煮る。
2.粗熱をとった1をだしごとミキサーにかける。
3.ベーコンと玉ねぎを深鍋で炒め、2を入れる。
4.塩、コショウで味を調える。

 

(N、げんころ)

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

★オーガニック大収穫感謝祭★11/18(日)知恩寺でお待ちしています

  • 2018.11.12 Monday
  • 12:29

いよいよ今週末です!!

 

収穫感謝祭2018ちらし表収穫感謝祭2018ちらし裏

 

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
  オーガニック大収穫感謝祭
 --作り手と食べ手が出会う日--
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


 収穫の秋です!
 京都近辺の有機野菜・有機米・果物の生産者・加工業者・お店が百万遍知恩寺境内に大集合!
 作り手が生産物・食べものをご紹介します♪
 おいしさの秘密を生産者に直に聞いてみよう。
 おいしい料理やプチ手づくり市もあるよ♪
 自然の恵みと、作ってくれる方への感謝、食べて支えてくれる人への感謝、
 つながりをつくっている人への感謝を込めて、オーガニックなお祭りです!

 

日 時:2018年11月18日(日)11:00-15:00
場 所:百万遍知恩寺(京都市左京区田中門前町103)
    ・京都市バス17、201、203、206系統で「百万遍」下車すぐ
    ・京阪電車京都線・叡山電鉄「出町柳駅」下車 徒歩10分
協 賛:日本有機農業研究会、市民環境研究所
後 援:京都府、京都市、京都新聞、エフエム京都、KBS京都
主 催:NPO法人 使い捨て時代を考える会、(株)安全農産供給センター
問合せ:NPO法人 使い捨て時代を考える会
     TEL 075-361-0222 FAX 075-361-025
     email : info@tukaisutejidai.com


 ※お得な農産福袋あり!(限定100セット500円)

 ※マイバッグ、マイ箸、マイ食器をご持参ください。
  食器を100円のデポジットで貸し出します。

 ※会場に駐車場はありません。公共交通でお越しください。
  知恩寺西側の裏門辺りに駐輪場を設けています。


■「子どもお休みどころ」あります
 知恩寺茶室に授乳(ミルク用のお湯)・おむつかえ・休憩スペースを用意しています。
 人形劇(ひみちゃたい)の公演もあります。
  第1回11:30-12:15 第2回13:00-13:45

 

■ステージプログラム
 11:00-11:20 オープニング ラテン太鼓チームave covo
 11:30-12:00 園部地区による餅つきふるまい
 12:10-12:40 カイル・ビンセントさん ライブ
 12:50-13:05 菅野みくにさん ライブ
 13:15-13:30 ストロベリーズ ライブ
 13:40-13:55 西町楽団 ライブ
 14:05-14:20 AVE COV Oライブ
 14:50-15:00 クロージング ラテン太鼓チームave covo

 

■お店の見どころ・食べどころ
・木次乳業のブラウンスイス牛肉のハンバーグを使ったバーガー
・芦浜産直の鯖寿司や秋刀魚寿司、イカ焼きのお店
・さんさんファームの黒豚の串焼きに黒豚ソーセージ
・丸友海産のしらす丼
・影山製油所の菜種油で天ぷらの試食
・パンドパパの自家製天然酵母パン
・かたぎ古香園の荒茶詰め放題
・フェアトレーディングやプレスオルタナティブ(第3世界ショップ)のチョコレート・雑貨
・城陽酒造の自然酔のコップ酒や自ビールクラブの自ビール
・センターや会の委員会のお店では特製カレーや館製麺所のうどん


出店者など、詳しくはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

この指とまれ農場 

西歩  有機生産者

■奈良県月ヶ瀬地区有機生産者

■京都府南丹地区有機生産者

■奈良県御所地区有機生産者

■小畠完 有機生産者・京都府南丹市(米粉・米粉製品・合鴨加工品)

■尾崎零 有機生産者・大阪府能勢町(有機農業なんでも相談コーナー)

■壇進 有機生産者・京都市

影山製油所・島根県 

木次乳業・島根県 

さんさんファーム・長野県 

■丸友海産・和歌山県

あらいぶきっちん・京都長岡京市

愛媛有機農産組合

フェアトレード・プレスオルタナティブ

彩生舎 

Pan de Pa Pa・大阪府枚方市(天然酵母パン)

玉屋珈琲・京都市(有機焙煎)

蔵元 城陽酒造・京都府城陽市 

浅川亭 

月ヶ瀬健康茶園 

ドライリバー(パン)

■みかん山

五右衛門マルシェ

桜井食品・岐阜県美濃加茂市(麺、輸入食材)

すみれや・京都市左京区(乾物・雑貨) 

きっちんハリーナ(おばんざい) 

■五右衛門マルシェ

■井尻由香(みとき屋 天然酵母パン・焼き菓子)

■人見桂子(出汁とおにぎり)

■枚方ブロック・西川(蒸しパン・雑貨)

■高木淳子(手作りショール等)

■野崎暁美(ケークサレ)

■金原真紀子(ベトナム料理)

■脱原発委員会(保養キャンプ)

■京都YWCAイエニック(マーマレード・菓子など)

■自ビールクラブ

■アジェンダ・プロジェクト(本・菊芋)

■川瀬理央(楽焼き)

■鳴海良(楽器)

■農薬ゼミ


★生産者に会いに来てね!
 日頃はお会いできない遠方の生産者や加工業者の方々が来られます。その人たちといろいろとお話しするだけでも貴重な時間だと思います。今年は特に地震や台風など、災害の多かった年です。生産現場でのご苦労をお聞きされてはいかがでしょうか。ぜひとも秋の深まる京都・知恩寺で素敵な出会いをしてください。知恩寺でお待ちしてまーす♪

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

今日のパック野菜20181108(焼き里芋の情報あり)

  • 2018.11.08 Thursday
  • 22:14

 季候が安定してきて、パック野菜も順調です。

 

パック野菜181108

 


ミニパック野菜(右)
里芋(500g)、人参(小)、ほうれん草、サラダ菜、菊菜、、原木生椎茸、ルッコラ
 
パック野菜(左)
里芋(500g)、カボチャ(M)、人参(小)、白ネギ、青梗菜、水菜、サラダ菜、菊菜、ネギ、ルッコラ

 

 

 先週までたくさんあった豆類がなくなり、里芋が入ってきました。

 

 サツマイモもジャガイモも日本に入ってきたのは江戸時代の初め頃。昔の日本では芋といえば里芋を指しました。縄文時代から食べられていた野菜なのだそうです。お米の栽培が始まる前にはもしかすると主食だったかもしれませんね。

 

 若い頃は芋というとサツマイモかジャガイモと私は思っていて、地味な里芋を意識することはありませんでした。しっかり大人になってから里芋の魅力に目覚め、田楽に煮物やグラタン、ソテーと様々に楽しんでいます。

 

 簡単な食べ方をご紹介。焼きいもならぬ「焼き里芋」です。

 里芋をたわしでよく洗い、魚焼きグリルでこんがり焼きます。20分ぐらいでしょうか、竹串をさしてみて、すっと通れば焼き上がりです。つるりと皮をむいて、きぬかつぎ。

 センターで扱っている里芋は塩だけでも十分おいしいと思いますが、お好みでそこにオリーブオイルを垂らしたり、田楽味噌をつけたり、粒マスタードをのせたり、試してみてください。

 

 たわしで毛をこすり落とした里芋を皮ごと輪切りにして塩を振り、油を熱したフライパンでじっくりソテーしてもおいしいですよ。にんにくで香りづけし、焦がし醤油で風味をつけると最高です。皮も丸ごといけますのでお試しあれ。

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

今日のパック野菜20181101(葉物の食べ方情報あり)

  • 2018.11.01 Thursday
  • 23:06

うわあああっ。

ほんの数週間前まで、野菜がなくて困っていたというのに!

 

パック野菜181101


ミニパック野菜(左)
黒豆枝豆、モロッコ豆、三度豆、レタス、ネギ1、ネギ2、小松菜、サニーレタス、大根間引き菜
 
パック野菜(右)
人参(小)、黒豆枝豆、モロッコ豆、リーフレタス、ネギ1、ネギ2、白ネギ、小松菜、ほうれん草、菊菜1、菊菜2、青梗菜、大根間引き菜、原木生椎茸、ルッコラ、レタス
 

なんだこりゃ、もりもりの量に加えて、ネギ1ネギ2、菊菜1菊菜2って。

すみませんすみません。なんか段取りミスがいろいろあったみたいで。

極端から極端に走るなぁと皆さん苦笑されているのでは。

(すでに笑顔がなくなっていたらどうしよう……(;_;))。

 

 その季節に元気いっぱいの野菜は、季節にあった栄養をたっぷり含んでいます。

 しっかり召し上がって、これからの寒くなる季節に備えてください。


 どんな葉物もたいてい生で食べられます。菊菜のサラダもおいしいのでお試しください。熱したごま油にちりめんじゃこを入れて、ジュッと葉っぱにかけていただくのがおすすめです。油にねぎやにんにくの香りを足すのもよし。


 生野菜は体を冷やすと思われていますが、それは一時のこと。生の野菜に含まれる酵素をしっかり摂ることで、新陳代謝が順調になり、冷え性の改善ができます。冬に備えて酵素を積極的に摂りましょう。

 

 とはいえ、生ではかさが多すぎてなかなか減らないのも問題。逆に、サラダにすると思い込んでいるレタスは加熱料理もいけます。火を通してもシャキシャキ食感は維持されるため、味噌汁やスープ、中華炒めなどに重宝します。熱に弱いビタミンCも、出た水分ごと食べると摂取できます。

 

 新鮮なうちは若い葉を選んでサラダ、少し時間が経てば加熱と、葉物野菜の豊かな世界を試してみてくださいね。

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

レシピ ハヤトウリの味噌漬け

  • 2018.10.29 Monday
  • 10:37

ハヤトウリを食べつくす、パート2です。

(パート1はこちら

 

ハヤトウリと言えば奈良漬け。

スタンダードな食べ方は漬物なのだと思いまして、今回は味噌漬けに。

 

まずは下漬け。四つ割りにして塩をし、重しをして一晩。

ハヤトウリ塩漬け

 

ずいぶん水が出ました。やはり瓜ですね。

 

朝、水を切って、味噌に漬けこみます。

漬け込むというか、量の節約のために、周囲に塗る感じにしましたけど。

ハヤトウリ味噌漬け

 

黒い方は自家製の麦味噌、たぶん4年物ぐらい。

白い方は市販品、麹割合の高い甘味噌です。

(イメージとして、やさかみその中辛口と甘口を使ったような感じ)。

 

夜にはもう漬かっていました。

あっさりめだったので、もう1日浸けてもよいと思いました。

 

ハヤトウリ漬物

センター職員の皆さんに食べていただきましたが、好評でした。

どちらかというと甘味噌の方が評判がよかったようです。

 

味噌漬だけでなく、浅漬け、ぬか漬、粕漬、醤油漬け、塩糀漬けなどいろいろできると思います。

甘味を足したら、たぶん福神漬けのようなものになりそう。

お好みでチャレンジしてみてくださいね。

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM