オリジナル米粉でクッキーも!

  • 2019.03.18 Monday
  • 17:10

米粉とふすまのクッキー

 

キターーーーーー!

 

トモちゃん パートスタッフのトモちゃんによる、オリジナル米粉のおやつパート2ですっ。

 (パート1はこちら)。

 

 

 

 

今度はクッキー編。

上の写真は、米粉とふすまのクッキー。さくさくです。

ほんのりとした甘さで、素材のうまみがしっかりわかる。

素朴系が好きなスタッフたちに大好評!

(しかし、だんな様には不評だった模様……。ふすま感が嫌だった?)

レシピはこちらを参考にされたそうです。

 

そしてもう一品。

味噌とチーズの米粉クッキー

 

お味噌とチーズと黒ごまの米粉クッキー

 

こっちはさらに大人気!

甘じょっぱさがクセになる。こりゃうまいわ。ごまがいい仕事しています。

だんな様もよろこんでくれたそう。

 

生地はグルテンでくっつく小麦粉と違ってほろほろ扱いにくいため、

ラップで上下から挟んで、上から麺棒ころころされたとのこと。

参考にされたレシピはこちらです。

 

上のクッキーは生地を寝かす必要があったそうで、先にそちらから仕込み、

寝かしている間に下のクッキーの生地を作って焼き始め、

焼き上がったらすぐに上のクッキーを焼いて、という段取りで、あっという間に2品。

さすがです。

 

こうなったら、小麦粉で作ったものと食べ比べもしてみたくなってきましたね。

米粉のおやつ作り、盛り上がっているセンターです♪

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:おやつ

今週のパック野菜20190314(椎茸ファルシ)

  • 2019.03.15 Friday
  • 21:00

 今週も充実のパックです。

 

パック野菜190314

 

(左)ミニパック野菜(8品)

春大根、ブロッコリーL、原木生椎茸、ほうれん草、菜の花、ネギ、キャベツM、小松菜

 

(右)パック野菜(13品)

春大根、キャベツ、小カブ、ブロッコリーL、白ネギ、原木生椎茸、高菜、小松菜、ほうれん草、水菜、ルッコラ、ネギ、菜の花

 

 今回のほうれん草はにょーんと背が高くて、きっと温かくなって一気に伸びたんだろうな、なんてことを想像しながら宅配の箱に詰めるのが楽しいのです。

 今ごろに届くキャベツは昨年の夏に播種して冬から早春にかけて採れる冬キャベツ。

 あとひと月ほど待つと、秋に播種した春キャベツが届きますよ。

 

パック野菜ミニお品書き190314パック野菜お品書き190314

 

 こちらはお任せ3品の「葉物セット」。この日は小松菜、ほうれん草、水菜でした。

  ↓

葉物セット190314

 

 私はこういう「何かがいろいろ届く」というのが大好きです。

 「おまかせ鮮魚パック」とか。

 時には「ええーっ、こんなん来ちゃったよー!」とか叫びながら、なんとか工夫する創造性が好き。

 達成感とか自己満足感・自己肯定感とかすごいから。

 人生を豊かにするエッセンス、のように思っているのですが、お料理の好きじゃない方は嫌なのかしら。

 

 

 さて、今週のピックアップは原木生椎茸。

 網焼きして春大根のおろしをのせて七味をふってぽん酢でいただくのが一番だと思いますが、それじゃ芸がないのでファルシにしてみました。

 

椎茸ファルシ

おからローフの椎茸詰め(ファルシ)

 

【材料】(2人分)

椎茸2個、おから半カップ、片栗粉小さじ1、玉ねぎ1/8個、

塩ふたつまみ、からし・黒こしょう・あればセージ各適量

 

【作り方】

1.椎茸は軸を外し、軸はみじん切りに。玉ねぎもみじん切りに。

2.おから、片栗粉、玉ねぎ、椎茸の軸、調味料類を混ぜる。まとまる量まで水を少しずつ加える。

3.ひっくり返した椎茸の上に2をのせてしっかり貼り付ける。

4.熱したフライパンに椎茸を並べ、強火で少し焦げ目をつけてから水を加えて蒸し焼きにする。

 

 お好みで刻みねぎと、柑橘をしぼったものか、ぽん酢か醤油をかけてどうぞ。

 おからでなくても豆腐でもいいし、ベジでない方はもちろんひき肉でもOKでございます。

 分量は適当でいいですよ。私もめっちゃ適当なのを思い出しながら書いてるだけなんで。

 

 

こぶし190314

 通勤ルートの街路樹がこぶしであるのに気づきました。

 梅も、沈丁花も咲いています。

 農作業をされている方は2月初旬には春を感じていると思いますが、ここまで来ると都会人にもはっきりわかりますね。

 いや、桜が咲くまで春じゃないという方もいるかもですけど。

 私はこの季節が一番好きです。早春をお楽しみください。

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

オリジナル米粉でケーキづくり!

  • 2019.03.11 Monday
  • 11:20

米粉シフォンホール

昨年初めて企画したオリジナル米粉。会生産者の無農薬米を使って微粒子に製粉しています。

 

これを使っておいしいレシピを作るように、とお米担当の専従Wから指令が出ました。

いつも昼休みに手作りお菓子を披露してくれるパートスタッフのトモちゃんにお願いしたところ、すぐ翌日にこんな力作がー!!

 

米粉ケーキセットトモちゃん

 

仕事帰ってから4回も焼いてくれたんです。すごすぎる。脱帽!

 

米粉シフォン

左が玄米粉のシフォンケーキ、右が白米粉のです。

色の違いは、粉ではなくて卵のせいみたい。

(左は桜井常人さんの、右は湯浅拓さんの卵を使っています)。

 

ふわっふわ。言われなければ米粉とも全然わからない、とてもおいしいシフォンでした。

白米粉の方が若干甘みを感じるというのがみんなの感想でした。

レシピはこちらを参照されたそう。

 

米粉パウンド

こちらは玄米粉のはちみつパウンドケーキ。

ちょっとパサつきやすいレシピだったそうで、焼き上がってからシロップをかけてくれています。

味はおいしかったよ。

レシピはこちら

 

オリジナル米粉

これがオリジナル米粉です。

滋賀県東近江市のあふみ農園、長谷川さんの無農薬米で作りました。

専従Oによると、これまで食べた中で3本の指に入るぐらいおいしいお米だそうです。

左が玄米粉、右が白米粉。ほんのり色が違いますが、それほど変わりません。

 

今週配布する注文トピックスNo.34で白米粉の方の注文を取ります。

玄米粉はNo.41で取る予定。

 

ういろうや鬼まんじゅう、団子のような和菓子にはもちろん、

このように洋菓子にもおいしいことが実証できました。

おかずとしても、おやきやチヂミ、シチューのとろみづけにもバッチリおいしい。

センターオリジナルの米粉をよろしくお願いします!

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:おやつ

2019年 城陽酒造蔵開き

  • 2019.03.10 Sunday
  • 21:17
今年も牡蠣を蒸してきました!城陽酒造さんの蔵開き祭り。

雨の中、大勢のご来訪を頂きました。
昨年よりはたくさんの牡蠣を持ち込んだはず…ですが、12時過ぎには売り切れ!


残った沢庵を売りながらスタッフで簡単な酒宴をもって解散しました。


年々パワフルになる城陽酒造さんのイベント。秋にもするのでしょうか?皆さま来てね。

今週のパック野菜20190307(時季外れ?の金時人参でデザート)

  • 2019.03.08 Friday
  • 18:35

今週のパックもバリエーション豊かでした。

 

パック野菜190307

(左)ミニパック野菜(9品)

金時人参(500g)、春大根、小カブ、ブロッコリーM、原木生椎茸、ホウレン草、小松菜、ネギ、ルッコラ

(右)パック野菜(13品)

金時人参(500g)、白菜S、春大根、ブロッコリーL、原木生椎茸、しろ菜、小松菜、ホウレン草、水菜、菊菜、ネギ、ルッコラ、高菜

 

レギュラーの方、ちょっと高すぎる……?

どうなんだろう。食べてくださっている方、ご意見お寄せくださいね。

 

この翌日は立派なカリフラワーが入ったそうです。いいなあ。

カリフラワーはブロッコリーとは違って、大きいのを採ってしまうとそれきりで、わき芽から新しい小玉がどんどんできるってことがないのですよね。

生産効率がよくないのに、作ってくださってありがとうございます。

 

パック野菜お品書き190307パック野菜お品書き190307

 

レギュラー、ミニ、どちらも金時人参が入りました。

「今ごろ!?」って、思いました?

お正月のものという印象が強いですよね。

だけど普通の西洋人参と採れる時季は同じなので、今とれたっておかしくはありません。

西洋人参よりも甘味が強く、煮るとやわらかく、なんといっても鮮やかな紅色。

なますが私の一番のお気に入りですが、もちろん和風の煮物に最適。

今の季節なら、梅の花形で抜くとお子さんが喜びます。

甘さを活かして、グラッセやポタージュなどの洋風料理もおすすめ。

千切りにして塩と酢とオリーブオイル、粒マスタード、レーズンと合わせたキャロット・ラペはフレンチのおいしいサラダ。

ここではちょっと目先を変えて、インドで人気のデザートをご紹介。

インドの人参は紅色と甘味が強いそうなので、きっと金時と似ているはず。

 

ガジャル・ハルワ

ガジャル・ハルワ

 

ガジャルは人参、ハルワは砂糖とバターと牛乳で煮詰めたものを意味します。

定番レシピの紹介の前に、ナチュラル派のためのヘルシーレシピ。

 

ガジャル・ハルワ(ビーガン)

 

【材料】(1〜2人分)

人参100g(大1/2本)、塩ひとつまみ、豆乳1カップ、菜種油小さじ1、オリーブ油少々、ナッツ少々、

レーズン大さじに軽く盛って1、カルダモンパウダー(またはオールスパイスかシナモン)少々

 

【作り方】

1.厚手の鍋にオリーブオイルを熱して、砕いた好みのナッツを炒める。火を止めてナッツを取り出しておく。

2.人参はおろし器かスライサーでおろすか千切りにする。1の鍋に入れて塩を加え混ぜ、数分おく。

3.豆乳と菜種油とレーズンを加えて火をつけ、ときどき混ぜながら水分が少なくなるまで煮る。

4.カルダモンをふってさらに炒め、ぽってりしたら火から下ろす。

5.器に盛って1のナッツを飾る。

 

塩がじんわりと人参の甘味を引き出してくれます。

素材の甘味がしみじみおいしいのですが、物足りないと感じるようなら蜂蜜を加えてもいいですね。

 

 

そして、こちらが定番のレシピ。はじめてのインド料理

出典はミラ・メータさんの「はじめてのインド料理」(1996年、文化出版局)です。

 

ガジャル・ハルワ(本場)

 

【材料】(4人分)

人参500g、牛乳700ml、カルダモン2粒、砂糖カップ半分、バター(またはギー)大さじ3、

レーズン大さじ山盛り1、アーモンドスライス大さじ3(飾り用に少し取り分ける)、

銀箔(あれば)少々 

 

【作り方】

1.人参は皮をむいて千切り用のスライサーでおろす。カルダモンは種を取りだしてすりつぶす。

2.厚手の鍋に牛乳を沸かし、人参を入れて煮る。

3.ときどき混ぜながら弱火で約1時間煮て、牛乳が少なくなったら、カルダモン、砂糖、バターの半量、レーズン、アーモンドスライスを加えて混ぜる。

4.残りのバターを加えて、つやが出るまで弱火で混ぜる。器に盛って、取り分けておいたアーモンドスライスと銀箔を飾る。

 

こちらはボリュームがあって満足感も強い。

けど、そのぶん身体への負担は大きいので、少量を楽しむのがおすすめ。

(私なら8人分ぐらいに分けます)。

 

 

βカロテンも多いけどそれよりリコピンが豊富な金時人参。抗酸化力ばっちり。

季節外れなんて言わないで、ファンになっていただけるとうれしいです。

 

(げんころ)

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM