梅雨の晴れ間と豪雨

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 22:16
安全農産供給センターと「使い捨て時代を考える会」には、生産者協議会といって農家=生産者の相互の技術の交流や、作付けの協議などをする組織があります。

生産者協議会の主催で、南丹市日吉町で久しぶりに会生産者の田畑で見学会を行いました。消費者の皆さんの参加もあり、そのうち数名は未来の生産者!

現地に向かう車の中は社交場!



南丹市日吉町や隣の丹波町におられる会生産者の5名の田畑を以下の順で回りました。





谷口さんの黒豆
午前の部〜谷口成生さん(飯米、酒米、黒豆、ナス)→木口幸男さん(カボチャ、ナス、キュウリ)→伊藤芳雄さん(ニラ、キュウリ)
会員さんのお店で昼食


本格派!ドイツソーセージ
午後の部〜山本正行さん(飯米、黒豆)、黒澤喜一さん(飯米、ズッキーニ、ナス、カボチャ、小麦)

山本さんの黒豆の種苗箱



今回の見学のテーマは「除草と抑草」前者は田の水草をいかに抑えるか、後者は畑の雑草をいかに抑えるか、と言った話。


真ん中がカボチャの畝。その両側が抑草用にまいた小麦。小麦の成長のスピードで雑草の伸長を抑えます。小麦を刈り取った後はカボチャのツルを両側に這わすのだと。

7月27日(土)は南丹市園部で若手生産者の田畑を見学。京都駅前からバスが出ますのでぜひお越しください。申し込みは会事務所またはセンターまで。

バナナではありません

  • 2019.06.03 Monday
  • 22:29
さて、皆さんこの写真は何でしょう?黄色いブーメラン?それともバナナ?そしてその横の金属物は?




次にこの写真、もうお分かりですね?代掻き機の「ツメ」です。1年でここまですり減ってしまった(写真上の右側)のです!上田誠宏さんがツメの交換作業をしている時にお邪魔しました。ワンセットで3万円もするそうです。毎年田植えの時に交換するとか。




御所地区の会生産者の皆さんはこれから代掻きを経て田植えにかかります。上田誠宏さんは田に水を入れているところでした。飲めそうなくらい透き通った水がドバドバと田に流れ込んで行きます。

昔から水に恵まれない地域なので、水をもらえる時間は順番制。手持ちの時間は12:40までとのことですが、時計を見るともう12時過ぎなのにまだ端まで水が達していない!


その原因は水の下口(排出口)が開いたままで、気づいた上田さん、大慌てで塞ぎに走っておられました。

産地別に様々な事情を抱えながらも今年の米作りはスタートしました。日吉町はすでに終わり、南丹園部も多分今週で終わり。会生産者のお米をよろしくお願いします。再来週に年間登録の用紙を配ります。
#無農薬米
#安全なお米

蝶の舞う春のキャベツ畑

  • 2019.04.22 Monday
  • 22:09
奈良の御所市に春キャベツの残照を求めて車を走らせてきました。木曜でワケギも終わりだそうです。


金剛山の登山口にほど近い御所市北窪地区に着くと、北村隆志さんが里芋の植え付けの用意の真っ最中。


上田誠宏さんの案内で斜面にある段々畑の春キャベツの圃場へ。出荷が終わったところで畑には出荷できなかった春キャベツがゴロゴロ。


1500株定植して出荷できたのは900玉。あとは病気が出たりして畑で傷んでしまいました。農薬を使わないということはそれだけロスも相当な数。

残ったキャベツをお土産にして下さります。その周りではモンシロチョウが乱舞。



昨年よりは暖かいのが奏功して収穫が早く終わり、青虫が跋扈する時期を逃れることができました。このあとは伊賀のすずめ農園のキャベツにバトンを渡します。


斜面の多い北窪地区は圃場整備も難しく、耕作放棄地が増える一方。太陽光パネルに浸食されています。上田さんの畑の隣の方も近々耕作をやめるそうです。

次の出荷は春ジャガイモと新玉ねぎ。3月に植え付けて6月に出荷されます。お楽しみに。


緑の廻廊

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 00:43

久しぶりに栗東の集荷に行って、桜井さんの畑に寄ってみた。

一列だけだけど、サラサラの砂土の畑の真ん中に、ゴーヤのトンネルがあって、まさしく「緑の廻廊」という感じで美しい。中も涼しい。殺伐とした日常に、久しぶりに産地の瑞々しさに触れてほっこり。

桜井さんが言うには、道行く人が「ちょっと中見せてくれ」と寄って行くのだと。久しぶりに感動。

御所地区のレジェンドに出会う

  • 2016.12.14 Wednesday
  • 15:28

暮れも押しせまった12月のある月曜日。集荷業務で奈良県の御所地区に行ったときのこと。

 

生産者会員の北村隆史さんのお宅で、甘柿とオータムポエムと太ネギの集荷を行なおうとしていたら、

懐かしい方にお会いすることが出来ました。

 

その方は北村隆史さんのお父さんの北村金吾さんです。

40年に渡って安全農産に野菜や米、果物などを出荷してくださっている、創設期からの生産者です。

普段の集荷業務の時は息子の隆史さんが出てこられることが多いのですが、その日は金吾さんが出てこられたので

少しお話をさせて頂きました。

 

 

私 「金吾さん何歳になられたんですか?」

金吾さん「96歳になりましたわ」

私 「きゅ、96歳ですか…すごい」

金吾さん「今でも毎日少しずつ畑に出とるんですわ、無理のない範囲ですけどね」

私 「やっぱりそれが元気でおられる秘訣ですか」

金吾さん「そやねぇ。それに、テレビばっかり観とるとボケるからねぇ」

私 「・・・なるほど」

金吾さん「あとは、昼寝をしとるんですわ、毎日1時間。それで身体の調子がいいみたいで」

私 「本当にお元気そうな姿が見られて、とても嬉しいです」

金吾さん「でもねぇ。5年ぐらい前から腰が痛くて重いものが持てなくなって。そういうのは息子にやってもらってるんですわ」

私 「いつまでもお元気でいて下さいね」

 

と、こんな風な会話をしました。96歳の今でも、現役の農家として毎日汗を流しておられるとは、頭が下がりまくりです。

今風の言葉でいえば農家の中の「レジェンド」とでもいうのでしょうか。

古くからの消費者会員のみなさんの中には、

北村金吾さんの路地栽培の甘いイチゴの味が脳裏に焼き付いておられる方も多いようで、

いまだに5月のイチゴの旬の時期になると、「金吾さんのイチゴはもうないの?」と聞かれます。

※ごめんなさい、もう金吾さんは出荷用にはイチゴを栽培されていません…。今となっては幻のいちごですね。

 

今は息子の隆史さんがメインで農作業をされていますが、隆史さんの出荷分の野菜が届いたら、

食べるときに96歳の金吾さんの活躍も思い浮かべて頂けると、とても嬉しいです。

 

BY赤池

 

じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html

栗東の桜井さんの畑がピンチ!

  • 2016.10.10 Monday
  • 16:40

栗東の桜井さんの畑がピンチ!

 

秋晴れの空の下、栗東の桜井常人さんの畑まで野菜の集荷に行ってきました。

桜井さんの畑に来て一番始めに目に飛び込んでくるのが、人参畑とこのネギ畑。

どちらも、例年と比べると元気がないそうです。

 

さて、集荷する野菜をトラックに積み終えてから少し畑を見せていただくことになりました。

ネギ畑のそばにはゴボウ畑。このように一見青々と育っているように見えますが・・・

実は9月の1ヶ月間降り続いた雨の影響で乾くことのなかったゴボウはかなり土中で腐りが出ているようです(涙)

 

よく見るとあまり元気がありません。

降り続いた雨と、完全な日照不足でうまく育っていかなかったそうです。

 

桜井常人さんによると「今年はゴボウは全然あかんわ。だいぶ腐っとる」

とのこと。

香りが非常に強く、会員さんからの人気も高いゴボウですが、

今年はあまり状態の良いものがお届け出来ないかもしれません。

 

さて次はゴボウ畑の隣のサニーレタス。

こっちはもっと悲惨なことに・・・。

 

なんと、10月なのにとう立ちが始まってしまったそうです。

本来、春の訪れとともに起こるとう立ちが、冬を前にして始まってしまうという異常事態。

これは9月としては異常な高温が続いたために起きたらしいのですが、

「10月にサニーのとう立ちなんて初めて見たわ」と落胆されていました。

こうなってしまうともう出荷はできません。

パリッとした瑞々しい桜井さんのサニーレタスは本当に美味しいのですが、非常に残念です。

 

サニーレタス畑では、他にもこのような凄惨な現場も目撃しました。

(おそらく)暑さのためにサニーの株が消滅してしまっているのです。

 

次にうまい菜のハウスを見せていただきました。

一見青々と育っているように見えるでしょうか。

しかし実は雨と湿度と高温のため、夜盗虫(よとうむし)が大発生してほとんどの株が食べられてしまっているのです。

特にひどいのが画像の左下の所。

拡大すると↓

このような有様です・・・。言葉もありません。

 

9月頭から降り続いた雨、しかもいくつも通過した台風の影響もあり、

普通ではない大雨が何度も襲った今年の秋。

ようやく晴れ間が戻っていざ収穫しようと思ったらこのような状況になっていて、

生産者は本当にショックを受けておられます。

野菜が出せなければ、収入がゼロになってしまうからです。

 

冗談も交えてですが、「しばらく牛乳の注文を半分にせなあかんなぁ」

ということも話されていました。

 

一般のスーパーでも野菜が高騰していますが、

栄養価が高くておいしい旬の野菜だけを栽培する生産者だけに、

季節に合わない異常気象の影響をもろに受けてしまいます。

 

唯一の救いは、桜井さんが栽培されているお米が驚くほど豊かな実りを見せてくれている事です。

 

今年の秋は桜井さんだけでなく、他の産地の生産者の間でも悲鳴が上がっているのを耳にしています。

このような現実と向き合いながら日々努力をされている生産者の現実をぜひ知って下さい。

よろしくお願いします。

 

BY 赤池

 

じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html

芦浜産直の阪口さん一家に会いに行く

  • 2016.08.03 Wednesday
  • 17:25

JUGEMテーマ:脱原発

7月最後の週末。原発をとめた町として有名な三重県錦にある芦浜産直の阪口さん一家を訪ねる見学会(兼バーベキュー)を開催しました。

参加者は京都駅から貸切バスでやって来ることになっています。専従達は前の日から芦浜に来て、準備をします。

せっかく来たので、錦漁港で早朝のせりを見学させてもらうことにしました。

去年はほとんど水揚げがなく、5分ほどでせりが終わってしまったのですが、今年はそれなりに水揚げがあり、せりにも活気がありました。

せりの風景です。冬場はもっともっと魚が多いのですが、いかんせん夏はあまり魚もあがりません。

こんな貝もありました。

 

ツノがはえてきて、ちょっと怖い…。

 

それぞれの仲買人さんたちが木札に漢数字を書いて、それをもとに卸売人が誰に売るかを決定するという、シンプルなシステム。

芦浜産直からの魚は、こうして阪口さんの目を通してよき魚が見極められ、皆さんのもとに届くんです。

 

 

さて、セリはこの辺にしておいて、見学会の本編に移りましょう。

 

午前11時。

参加者を乗せたバスの御一行様が添乗員(にしてはラフな格好の)専従Pさんに率いられてやってきました。

場所は錦漁港からすぐのところにあるトロピカルビーチという海岸です。

ご覧のように、最高の天気です。

 

阪口さん一家の紹介と挨拶に始まり、

 

乾杯を経て、

 

 

バーベキューコーナーでイカやサザエなど海産物が焼かれていきます。

右がイカで、左がサザエ。

 

 

阪口和郎さんは鮮度抜群のマグロやブリをその場でさばいて下さいます。

鮮やかな包丁さばきはいつ見てもほれぼれします。

これだけでも参加する価値があるくらい、絶品ですよ。

海をぼんやり眺めながら、ビール片手にいただきます。ああ、天国・・・。

 

 

 

バーベキューコーナーでは牛肉も用意されています。

子供たち達が大喜びです。

 

定番のスイカ割りも。衆目を集めていました。

 

バーベキューと海水浴を目いっぱい楽しんだら、今度は芦浜産直の加工場に移動します。

魚をさばいたり、干物を作ったり、

 

こちらは釜炊きヒジキの大釜です。

 

午後4時、バスが京都に向けて帰っていきます。

みんなでお見送り。

短い時間ですが、密度の濃い充実した時間を過ごすことができました。

芦浜産直の皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

おまけの一枚。「漫才師のネタ合わせ」

専従N(右):あ、あれUFOちゃうやろか?

専従P(左):なんでやねん、しばくぞ〜

ヒロシさんちのトマト援農

  • 2016.05.30 Monday
  • 19:02
JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

恒例の園部町のヒロシさんちのトマト援農です。


ボチボチと可愛らしいトマトの実がついています。
トモコさんのお話だと6月末には会員さんに出荷できるんではないかとのこと。楽しみです。


この日は朝から降り出しそうな雨模様。ただでさえ、熱気がこもるハウス内の作業としては楽な天気です。
それなりにモワ〜としますが、カンカン照りよりはマシです。

この日はテッチー君を入れて8人の方が援農に駆けつけてくれました。


んで、今日は何をするのかというと「トマトの芽かき」、黄色の線で囲んだ箇所の「脇芽」を摘み取ります。

まあ、枝の間引きとか剪定みたいなものです。んで、本軸を支柱に麻紐でゆわえてツルが伸びるのを助けます。
これを「誘引」というらしいですが。

結構、根気のいる作業です。


「誘引」といってもただ軸を縛り付ければ良いだけではありません。

この花の箇所に実が付きます。ということは花が支柱に押し付けられていると実が当たってしまいます。
トマトの樹が成長していく様を先読みながら、樹が窒息?しないように、
そして伸び伸びとできるように、ツルの伸びる方向を読みながら、
トマトの樹を向きを変えたりしてからゆわえつけてやります。


ベトナム風のすげ傘は毎回送迎を務めてくれる宇治市のハッチャンです。

トマト援農はほぼ毎回参加しておられ、もはや長老の域です。


ちょっと分かりにくいですが、トマトの樹の根本です。
色が変わっている所で接ぎ木をしたのです。
下の緑が濃い個所が「台木」、その上の明るい緑の軸が「穂木」です。

上手にくっついてくれるものですね。


一連の作業は、紐を結んだりと、かなり手先の感覚が重要なので軍手なんかしていられません。

素手でやっていたらご覧のとおり、手が真っ黒に…。
指紋が汚れで隠されて消えてしまったので、iPhoneの指紋認証が使えなくなって焦りました(笑)。

さらに指輪が見る見るうちに緑色に染まってしまい、こすっても取れない(汗)。
帰ってから石鹸付けて洗ったら元通りになりましたが。

これから来てくださる方に忠告。
〇慘悗呂靴覆ぁ淵┘鵐椒慌湛がしてあると汚れがこびりついて取れにくい)。
△Δ垢ぅ咼法璽觴蠡泙あったらいい。病院などで使っているそれです。


終わった後にみんなで近くの蕎麦屋さんになだれ込んで、しばらくおしゃべりしてから解散しました。
収穫までまだ日が長い。おいしいトマトをものにするために、皆さんご協力を。

毎週月曜日の9時から12時ごろまでこの作業をしています。来てね。

農作業を動画で紹介 夏野菜

  • 2016.05.18 Wednesday
  • 10:21
農作業を動画で紹介「夏野菜その1、その2」
 
会生産者の畑や田んぼ、見て見たいな〜、
見学会ってやってるけどなかなかスケジュールが合わないなぁ、
もっとお気軽に見てみたいな、
そ〜んな声にお応えして、突如始まったこのコーナー。

 
ご紹介していくのは奈良県御所市の吉川明宏さんの畑や田んぼ。
今週配布のセンターニュースに”稲作生産者探訪”で紹介さていましたね
今年は「ヒノヒカリ」という品種を作付けされたそうです、
その苗がすくすく育っている様子も写っていました。
ご自身で撮影されているので、少し見づらい部分もありますが…
少しでも、畑や作業の様子、
そして生産者の吉川さんを身近に感じてもらえたらなぁと思います。


YouTubeにアップされている動画は、こちらからどうぞ!
↓↓下記をクリック↓↓
夏野菜その1
https://youtu.be/aAjB8Dg2eLU
夏野菜その2
https://youtu.be/R8zhYROxcHA


ブログ用_吉川さん一家.jpg
写真は左から奥さんの久美子さん、お母さんの好子さん、明宏さん。

 じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
 E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html
 

会・生産者の農作業を動画で紹介

  • 2016.04.27 Wednesday
  • 15:56

会・生産者の農作業を動画で紹介

 

会生産者の畑や田んぼ、見て見たいな〜、
見学会ってやってるけどなかなかスケジュールが合わないなぁ、
もっとお気軽に見てみたいな、そ〜んな声にお応えして、突如始まるこのコーナー。

 

ご紹介していくのは奈良県御所市の吉川明宏さんの畑や田んぼ。
吉川さんは古くから関わっている吉川好子さんのご長男。

2013年からお米の部門をお母さんから代替わりし、2014年産米からすべて無農薬栽培に切り替える、
という大胆、かつ意欲的な取り組みをされています。

”天地返し”をされている畑の様子YouTubeにアップされているので
良かったら見て下さい!!

↓↓下記をクリック↓↓
https://youtu.be/_cHte_zah6E

ブログ用_吉川さん一家.jpg

写真は左から奥さんの久美子さん、お母さんの好子さん、吉川 明宏さん。

吉川さんが趣味のデジタル映像を今後もどんどんアップしていく予定ですので、ご期待下さい。


 じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
 E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM