辻本さんの南高梅2020

  • 2020.06.25 Thursday
  • 12:40
年に一度の「梅仕事」のシーズン。小梅→白加賀→南高梅と3週連続でお届けしています。

生産者は西吉野の辻本定さん。農薬をほとんど使わない(殺菌剤1回)梅の栽培をしておられます。

西吉野は遠いので奈良と和歌山の県境にほど近い御所市で待ち合わせして、こちらのトラックに梅を積み替えます。


今年は例年にない大不作で、頂いた南高梅は火曜水曜の会員さんの分ですが、それ以降は注文に応えられるかどうか分からないと厳しい顔。


途中からスイカの生産者の上田誠宏さんも参加してしばし3人で立ち話。体調がすぐれなくてジャガイモも作付け止めてスイカも減らしたそうな。写真は上田さんの田。

白加賀の大産地である栃木県も3割作、全国的な不作で梅のお値段も高騰していると伺いました。


急激な暑さでどんどん黄色くなっていくため大急ぎで収穫をすすめた今年の梅。
最近の気候の変動はベテラン生産者でさえ惑わされることも多いようです。

ゴールドバレル

  • 2020.06.08 Monday
  • 20:29
超高級パインの登場です。その名も「ゴールドバレル」、一般的なハワイ種よりずっと甘味が深くて美味しい!今日、スタッフで試食。女性陣からは「おいっしぃ〜っ!!」と絶叫!

パインの中でも特に栽培が難しく市場でもなかなかお目にかかることの少ない「ゴールドバレル」という品種です。実の色が黄金色(ゴールド)、形が樽(バレル)に似ていることからその名が付けられました。収穫まで3年を要し、国内生産量1%の貴重な高級パインです。

最近はこだわり系のスーパーでも、石垣島のスナックパインはたまに見ますが、これは見たことないです。年に一度の食べ応えのあるビッグな希少パイン!ぜひ今週配布の用紙でご注文を。

スイカが出てきました

  • 2019.07.22 Monday
  • 11:45
先々週から注文を取り、今週からお届けが始まる奈良県御所市のスイカ!今日、戴きにトラックを走らせました。


積み込み終わりました。大中小のスイカ、その数144個!



スイカの試食?をさせて頂きました。日照時間が少ないので、甘みが今ひとつとのことでしたが、慣行栽培のそれに比べるとコクのある甘味が感じられました。


木曜に60玉出て、その後の皆さんのご注文にどれだけ応えられるか不安はありますが、希少な有機栽培のスイカ、ぜひご注文下さい。


生産者の上田誠宏さんもスイカを手に、勧めておられます。

リンゴがもう登場

  • 2018.08.04 Saturday
  • 08:14
初ものの低農薬リンゴの供給が始まります。このリンゴの名は「恋空」!ご注文よろしくお願いします。

ビワと桃の行商

  • 2018.06.11 Monday
  • 15:16

皆さんへお知らせ

行商です

ビワ(愛媛)400g 520円

 

ミニ桃(ヒメコナツ)550円

iPhoneImage.png


希望される方はセンターまでご連絡ください

ル・レクチェ(洋梨)

  • 2017.12.15 Friday
  • 11:43

先日から供給しているル・レクチェ。

追熟して食べてください…とのことですが、だいたいどれぐらいが食べごろ!?と思う方もいらっしゃると思います。

ここ10日ほど、センターで追熟。

ちょっとさわって柔らかくなって、香りがでてきて、こんな風な黄色になったら食べごろらしいです。

すぐ食べれるものが多い中、食べごろを見極めるのも楽しいところですね!

せっかちな私は、待つのが難しいかもしれません^_^;

 

すもも

 

JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

パール柑が来ました

  • 2016.02.05 Friday
  • 17:41


和製グレープフルーツと言われてますが、パール柑です。手前のボールペンと比べてもその大きさは際立っています。ジューシーな果汁がたっぷり!

いっぱい注文して下さいね。

上本宗祥さんの柑橘  by上原

  • 2015.10.21 Wednesday
  • 09:41
 ”専従のつぶやき”  上原さんです!!
「上本宗祥さんの柑橘

少し前(10/10(土))のことになりますが、
柑橘類を出荷して下さっている、
上本宗祥さん(広島県呉市蒲刈島)の畑まわりに行ってきました。

4月からの低温・日照不足の影響で少し小玉傾向ではありましたが、
例年と変わらず沢山のみかんが生っていました。

上本さんのみかん?.JPG
圃場がある広島県呉市蒲刈島は、瀬戸内海に浮ぶ島です。
島からの景色.JPG
人口減少に歯止めが掛からず、あちらこちらに放棄園が目立ち、
正に限界集落という言葉が当てはまってしまうような場所です。
管理されていない園が増えると雑草が茂り、その近辺の園までその雑草が増殖してしまいます。
また、イノシシなどの野生動物達を呼び寄せてしまうことも問題です。
そんな中で営農していくのは本当に大変ですが、
島に自生している枯れ葉や枯れ木を長い時間をかけて発酵させて堆肥にし、

枯れ木堆肥.JPG
みかん本来の味わいにしようと努力されています。
そして、
柑橘栽培では珍しい無農薬で栽培されていることも並大抵のことでは出来ませんし、
それが味にも繋がっています。

これから、本格的に出荷が始まりますので、ぜひとも応援をよろしくお願いします。

上本さんのみかん?.JPG
 
無農薬でみかんを栽培してくれる生産者の上本さんを
消費者の私たちは、みかんみかんを食べることで応援しよう!!


 

桃が出ました

  • 2015.07.08 Wednesday
  • 09:00
桃が早くも出ました。「ちよひめ」といいます。


秋まで続く桃のシーズンの初期に出てくることを意味する「早生(わせ)」種の桃です。伊那のさんさんファームからの出荷です。


白鳳のようなねっとりした甘さではなく、さっぱりした甘さという表現がふさわしいこの桃、今週からトラックで行商で売ってます。早い者勝ち!よろしくお願いします。
テッチー

信州リンゴ狩り

  • 2014.11.01 Saturday
  • 16:01
リンゴを出荷してくれている生産者の果樹園を訪ねました。今年は松本市郊外のK松さんのリンゴ園の見学をしました。

大きめのレンタカーに会員さん8人を乗せて中央道を北上します。あいにくの雨で視界がききません。


4時間半かかってK松さんと合流して、畑の中のハウスで昼食を戴きます。


山ウドの焚いたのと紅芯大根の漬物です。


栗ご飯も美味しかったです。


満腹になったのでリンゴ狩りに繰り出します。雨も上がり、山が一瞬見えました。


リンゴの収穫に大喜びの参加者のみなさん。

除草剤の使用をしておられませんので、右隣の慣行栽培のリンゴ園と比べると草の生え具合が一目瞭然ですね。

土がフカフカでK松さんの土づくりの確かな手応えを感じました。

帰りはまたも雨が降り出し、ウェットな路面に手を焼きながら車を走らせました。


来年もご参加をお待ちしています。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM