「私たちが食べ支えなければ、その苦労は報われません!」  専従のつぶやき*朴

  • 2016.03.02 Wednesday
  • 09:58
”専従のつぶやき” 

「今年も行ってきました!ミートミーティング」

今年で23回目になる、お肉屋さん「まぁの」のミートミーティングに参加してきました。
ブログ用_P1020240.jpg
今年の会場は、大阪の地下鉄御堂筋線「大国町」駅からすぐにある「社会福祉法人・ピースクラブ」さんで開催されました。
障がい者と健常者が当たり前に共に暮らしていける社会を目指して活動しておられます。
1階の喫茶店「きじむなあ(沖縄の森に住む妖精の意)」では、お昼は定食やランチ、オーガニックコーヒーなどを出されていて、
夜は地ビールもある居酒屋になります(交流会はこちらで賑やかに開催されました)。

6階の会場に参加者が集まり、まずは生産者のお話。

ブログ用_P1020243.jpg
(左から、まぁの小村さん、TONTON大浦さん、福沢さん、青木連さん)
TONTONの大浦さんからは、自分のまわりでも飼料米を作る人が増えている。
後継者はどうなるかわからない。
TPPについてはやってみないとわからない。
関税がなくなると、牛は外国から今の1/3の値段で入ってくる。
南港の屠場でも豚の頭数が減っている。
消費者が「安いのでいいや」と外国産の肉に流れるのではないか、とのことでした。

次にアルプス牛の福沢さんと、昨年お父さんの清さんを亡くされた、後継者である息子の連さんからは、
子牛の値段が昨年一年間で10万円位上がっている。全国的に子牛の頭数が減っていて、どこも買いあさっている。
大鹿村ではリニアの問題もあるが、人口も減ってきていて、特に若い人が少なくなってきているので、「クラフトフェア」などを開催して村おこし的なこともしている、など厳しい生産現場の現状を話してくださいました。

そして、今回のメインになるTPPについて、
特に日本の畜産への影響などを講師の松平尚也さんが話してくださいました。

ブログ用_P1020253.jpg
松平さんは京都の京北町で約1.5haの田畑を耕す有機農家で、農業をする傍ら「AMネット」の代表理事も務め、
世界の食べ物や農のあり方の未来を模索しておられます。
そんな松平さんのお話で気になったことを二三あげると・・・。
昨年の10月に大筋合意されたTPP交渉ですが、まだまだよくわからない事が多いのです。
例えば、大筋合意後に政府が出したGDPの試算額が3.2兆円→13.6兆円に増えているのですが、その根拠はよくわかりません。
お米の生産減少額は大筋合意後に0円になっていますが、その根拠は「関税がなくなっても国産志向が高まっているから影響はないだろう」というものだそうです。そんな訳ないですよね。
そもそも日本とアメリカ、オーストラリアでは1戸あたりの農地面積が違います。
日本を「1」とすると、アメリカはその104倍、オーストラリアは1,591倍だそうです。
また、政府は日本のお米は売れると言いますが、輸出した先の現地価格は中間業者や輸送費がかさみ、5〜20倍の価格になるそうです。
誰がそんなお米を買うのでしょうか。特にBSE以降、世界的にみてもアメリカの牛肉は売れていないので、アメリカの畜産家は日本へ売り込むためTPP交渉に期待しています。


どうか皆さん、TPP交渉が進み、外国産の安い牛肉や豚肉が出回っても、
安全な飼料を選び、牛や人間、地球環境も考えた肥育をされている
大浦さんの豚肉や福沢さん・青木さんのアルプス牛を食べて下さい。
皆さん生活を掛けて、精一杯牛飼いや豚の肥育をされています。
私たちが食べ支えなければ、その苦労は報われません。         【朴】


 じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
 E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html

 
JUGEMテーマ:おいしいお肉

 

地域循環養鶏プロジェクト 専従のつぶやき:上原

  • 2016.01.13 Wednesday
  • 09:41
 ”専従のつぶやき” 
「安全農産供給センター設立40周年企画」
 

=地域循環養鶏プロジェクト=

20160113自給卵の鶏.jpg

少し前にはなりますが、このブログでも
「地域循環養鶏プロジェクト(※)」のことを書かせて頂きました。
(詳しくは2015年6月3日のブログを!↑クリックするととびます)
当時は、来たばかりの小さい小さい雛ではありましたが、
あれから8ヶ月経った今ではすっかり成鶏となって、念願の卵を産んでくれています。
トウモロコシを無くすことで卵の黄身の色がどうなるのかや、または味がどうなのか?などなど、
懸念されることが多くありましたが、結果的には色も薄い黄色が出ているし、
少しあっさりとした味ではありますが、本当に美味しい卵になりました。
まだまだ始まったばかりなので、現段階では何とも言えませんが、
取りあえずは順調なスタートを切ることができました。

そして何よりも、沢山の会員の皆さんが興味を持って頂き、
応援して下さっていることが、生産者の方々や私達の大きな励みになっています。
あとは、産卵率が気になるところですが、これからも少しずつ情報を載せていきます。
 
(※)地域循環養鶏プロジェクト
鶏の飼料全体で大きな比重を持つ輸入トウモロコシを減らし(もしくは無くす)
その替わりに地域内で自給できる飼料(米ヌカやクズ米など)を増やすことで、
飼料の自給率向上を目指す取り組みです。



じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
 E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html
 

大鹿村に行ってきました! 専従のつぶやき 朴

  • 2015.08.26 Wednesday
  • 10:55

 ”専従のつぶやき”  朴さんです!!
「大鹿村に行ってきました!」
 

 先日、胆管癌のため亡くなられたアルプス牛の生産者、
青木 清さん(享年
68歳)のお参りも兼ねて、長野県の大鹿村に行ってきました。
青木さんは長年、牛の生産者としてセンターのアルプス牛や大鹿牛を肥育して下さっていました。

150826_ブログ用リサイズ2.jpg
(在りし日の青木さん 向かって左青いシャツが青木さんです)
ミートミーティングなどでお会いすると、いつも気さくにニヤリと笑いながら、
牛の話からバカ話まで、老若男女問わず話しかけてくださって、僕も本当に大好きな人でした。
最近、胆管癌を患っておられるとは聞いていましたが、こんなに早く亡くなられるとは思いませんでした。

青木さん宅の仏壇(青木さんは無宗教で、戒名もないそうですが)に線香をあげさせていただいて、
お連れ合いの土屋道子さんにお話を聞きました。
青木さんが亡くなられた時、息子の連くん(
27歳)が一番泣いていたそうです。
ここ最近は牛飼いを引き継ぐために、青木さんからいろいろと手解きを受けていたそうですが、
彼にとっても父親の死は早すぎたようです。
しかし、道子さんも連くんも、そして娘さんの香糸(かいと)さんも気持ちを入れ替えて、
家族で力を合わせ牛飼いに専念されているようでした。

150826_ブログ用リサイズ.jpg
(左より、福沢さん、連くん、香糸さんの娘さん、香糸さん、土屋道子さん)

もう一人の生産者、福沢さんにも来ていただき、
最近子牛や餌代が値上がりしている話など、牛飼いの現状をお聞きし、
青木さんの牛舎をみせてもらいました。

150826_ブログ用リサイズ1.jpg
広々とした牛舎で約20頭の牛(アルプス牛14頭、和牛7頭)が肥育されており、
僕たちが近づくと人懐っこく近寄ってきました。
今まで青木さんが愛情を込めて育ててくださっていたのが、牛からも感じとれます。
これからの事を考えると、連くんも不安で一杯だそうですが、
清さんがやってこられた事を少しずつ学びながら、彼なりの牛飼いをしてくれると思います。

そして、僕たちもそんな生産者をこれからも応援していきたいと思います。
大鹿村のアルプス牛を、どうぞよろしくお願いします。【朴】





 

地域循環養鶏プロジェクト  by上原

  • 2015.06.03 Wednesday
  • 09:47
”専従のつぶやき”  上原です!!
安全農産供給センター設立40周年企画
 
=地域循環養鶏プロジェクト=


この指とまれ農場で「地域循環養鶏プロジェクト」がスタートしました!
これは、鶏の飼料全体で大きな比重を持つ輸入トウモロコシを減らし(もしくは無くす)、
その替わりに地域内で自給できる飼料(米ヌカやクズ米など)を増やすことで、
飼料の自給率向上を目指すものです。
また、価格が上がり続ける輸入トウモロコシを無くすことが出来れば、
経営面から見ても継続した養鶏ができるのではないでしょうか。

今回、このプロジェクトに付き合ってくれる雛達が5月8日に来ました。

入ったばかりの雛?.JPG

入ったばかりの雛?(育雛箱).JPG
一ヶ月が経った今では、暖かい育雛箱から出て元気に鶏舎内を走り回っています。
入ってから20日経った雛.JPG

現段階では、飼料を変更した結果はわかりませんが、
 今後も少しずつ情報を載せていきますので、チェックして下さいね。
 
PS
この指とまれでは、ニンニクと玉ネギの出荷が始まろうとしています。

ニンニク畑.JPG

玉ネギ.JPG
     
どちらも、今年は特に立派に育ってくれています。
供給便で届くのを楽しみにしていて下さい。







 
 

鶏の廃鶏 ありがとう鶏さん

  • 2014.07.30 Wednesday
  • 14:38
先日から、中国の食肉加工会社が期限切れの鶏肉を出荷していて、
その加工肉が、日本にも輸入されていて
某ファーストフードやコンビニで販売されていた事が連日ニュースになり世間を騒がせていますね

そのニュースを聞いて、
”期限切れ”も、怖いけど、
どのような餌を与えられ、どんな環境で、どれ位の期間育てられたのか?
って事の方が怖いんだけど…
恐らく、安価で流通する肉は
ギューギューの鶏舎に閉じ込められ、
抗生物質や成長ホルモンなど過剰に投与された鶏達では…

って想像して怖くなります。

その中国の鶏肉のニュースが世間に流れた、先週火曜日の夕方
栗東のSさんの所から、
卵を産む役目を果たし、お肉になるために精肉所に持ち込まれた鶏達…
私たちに卵を供給してくれていた鶏が役目を果たし、採卵期間が終えたものを
安全農産ではお肉として頂きます。
もともと肉鶏ではないので、お肉はかたく歯ごたえがありますが、
料理によってはうまみもあり美味しくいただくことができる鶏肉です。
201407_ブログ鶏.jpg
”廃鶏”という響きあまり良くないですが…
廃鶏にされて、肉として頂く事ができるのは、
良い環境で、安全な餌を食べて、元気に卵を産んでくれた、健康な鶏だからなのです。

翌日(水曜日)無事お肉になったので、取りに行くと言うN木さんについて、
精肉所にいきました。

センターからトラックで約30分程の所の食肉所までの道中、
N木さんから、食肉の事、それを加工してくれる業者さんの話から、
先日見た映画「ある精肉店のはなし」、そして畑や田んぼの虫たちの話…
脱線して、Nさんが昨年マダニに噛まれた事などなど
色んな話を聞くことができました。

今回は92羽の鶏を持ち込み、処理していただきました。
私からすると、92羽でも結構な数に思いますが、
業者からするとやはり少ないので、
このように少ない数でも処理してくれるところが少なくなってきているそうです。
201407_ブログ.jpg
食肉所は思っていたよりも町中にあり、住宅地に面していました。

以前にも書きましたが、
この鶏肉、料理する時に切り分けた時、
鶏肉をさわった手が良い香りするんです!!

他のお店で購入した鶏肉を切り分けると、何となーく手が気持ち悪い…
そんなことが全然なくて、ビックリ
その上、脂の所もすんごく美味しい!!
20130924正肉.jpg
歯応えあるけど、他ではなかなか手に入らない鶏肉かも!!

注文おまちしてまーーす!!

ふじこ富士山


JUGEMテーマ:食生活

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM