城陽酒造に再び出店!

  • 2018.09.10 Monday
  • 09:35


3月に続いて9月16日(日)に城陽酒造さんの「蔵開き」フェスに出店します。長野-伊那松川のさんさんファームの黒豚フランクフルトソーセージの販売をします。

スタッフも7人になり、賑やかになるかなと。ぜひ皆さん、遊びに来てください。

城陽酒造さんでは夏を越したお酒「ひやおろし」の特別販売をするそうです。

日本酒の祭典

  • 2018.04.28 Saturday
  • 13:36
京都市の北にある国際会館で「SAKE SPRING」と銘打って全国の酒蔵が集まったイベントがありました。

弊社のFacebookの動画にもありましたが、学生の「京炎そでふれ」のアトラクションもあり、なかなかに賑やかなイベント。
安全農産センターのオリジナル純米吟醸生原酒の「自然酔」を仕込んで下さっている城陽酒蔵さんも2回目のご参加。

以前に担当して頂いていた加藤さんに、営業の大野さんです。

辛口めの厳選された酒が揃うここのアイテムはお値段も手頃で飲み飽きない良いお酒が揃っているのでオススメです。


入り口には酒樽が鎮座。さあ飲もうという気分にさせてくれます。



変わったところでは滋賀は水口町の美冨久酒蔵のブランド「三連星」、どこかで聞いた名ですね。やはり社員の方、ジオン公国の軍服着てらっしゃる。試飲に並ぶ方々、やはりガンダム世代ぐらいのお年。ジェットストリームアタック!


私の気分転換と同時に、日本酒の奥深さを感じました。どのブースも力強いお米の味を堪能できました。ワイン酵母を使った日本酒というのも初体験。


いつか「自然酔」もここに出品してみたいですね。地方発送も承ります。乞うご連絡。

間もなく自然酔の新酒が!!

  • 2015.02.25 Wednesday
  • 11:28

生産者の谷口さんが作った無農薬の酒米「山田錦」を全量使用し、
城陽酒造で製造していただいている”自然酔”
先日のセンターニュースでも、見学会に行かれた方の感想の中で
城陽酒造 杜氏の古川さんが
「谷口さんの「山田錦」で作るととても美味しい”自然酔”ができる」
とおっしゃっていたと書かれていましたね。

お米を作った生産者も、お酒に加工して下さった方もすべてつながっている…
今週はそんな”自然酔” を加工して下さっている城陽酒造見学会に行った
専従仁木さんのつぶやきです。
20150225_自然酔.jpg

第6回”専従のつぶやき” ピンチヒッター 仁木さんです!!
「間もなく自然酔の新酒が飲めます」

 

今年何十年ぶりかで、城陽酒造の酒蔵見学に行ってきました!
城陽酒造?.jpg
家を出る時には、少し雪が降る寒い日、
蔵の中の足元から寒さは冷え性の僕にはとっても堪えるのですが、
杜氏さんが冗談交じりで丁寧な説明に皆は聞き入りながら見学していきました。

そして最後にとてもうれしいプレゼントが待っていました。
なんと自然酔の搾りの日で、それを試飲させてもらえたのです。
たぶん見学会で自然酔が試飲できたのは初めてか、何十年ぶりかというくらいの幸運なのです。

20150225_ブログ酒.JPG

今年の自然酔がまたとても美味しい!(何杯でも飲めそうのですが、そこはぐっと堪えました) 
まだ酒造りの忙しい最中に蔵を見学させてもらえる贅沢な体験がさせてもらえるのも
“物”だけでなく“人”と“人”のつながりで自然酔がつくられているからだと改めて感じさせられました。
今後も美味しいお酒が作り続けてもらうように少しでも多くの方に自然酔を飲んでほしいなぁ

 

3/15(日)には城陽酒造で蔵開き祭りがあり安全農産供給センターも出店します!
青谷の梅まつりもありますのでぜひ来てくださいね!

                                        仁木



おまけの写真
先週久しぶりに「使い捨てい時代を考える会」の事務所に行くのに歩いていると
マンサクの花が咲いているのを発見しましたわくわく
隣りに在来種の黄色いマンサクも咲いてましたよ
20150225_ブログ.jpg
マンサクの花が開く時、
花びらがつぼみにくるくるとしまわれている様子を見ることができて、
すんごく面白くて、テンション上がりますあげあげ
京都の街中でマンサクを発見できてちょっと幸せな気分
山の中でもひっそりと春の訪れを告げる花が咲き始めてるのかなぁ…
春はもうすぐですね!!  
                   ふじこ富士山

 




 

白扇酒造 ”花魂” に仲間が増えます!

  • 2014.08.13 Wednesday
  • 11:05
週末のタイフーーン台風
南丹では川の増水で川が決壊し被害があったようですが、
皆さん被害はありませんでしたか?
私は、台風のために足止めをされて、目的地に行くことができませんでした…えーん

さて今日は、
本みりんや、純米料理酒の”花美蔵” ”ここ一番”でお世話になっている
白扇酒造の”花魂”(はなこん)のパッケージが変更になるお知らせです。

独特の甘味と香りが特徴の白扇酒造の芋焼酎”花魂”
白扇酒造の社員が自社栽培した「紅あずま」を100%使用した本格芋焼酎!
芋から栽培しているなんて!!すごっ!!
恥ずかしながら知りませんでした…

その、花魂
今までは写真左の、黒いビンに渋いパッケージでしたが
右の茶色のビンの物に変わります。


そして、
いままでの”紅あずま”という芋を使った花魂に
もうすぐ、”紫芋”と”しもん芋”を使った仲間が増えるそうです!!

201408_ブログ_焼酎.jpg
それぞれどんな味なんでしょうね〜

歴史のある、白扇酒造ですが
本社のある岐阜県川辺町で江戸時代から続いている珍しい行事の舞台にもなっているそうです
その行事は「酒買いの儀式」というもの
毎年4月の第2土曜日から日曜にかけてあるお祭りの中で
日曜日の早朝に
天神様の使者である沛王が獅子を伴い地元の造り酒屋へ御神酒を買いに行く儀式
その地元の造り酒屋が白扇酒造です。
沛王と白扇酒造の当主がパントマイムでやり取りをするそうです!!

調べてみると、YouTubeでも見ることができそうでした。

こんな地元の天神祭りの祭礼の舞台になっている白扇酒造!!
これだけでもすごい歴史を感じますね!

ふじこ富士山

JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

白扇酒造

  • 2013.12.21 Saturday
  • 22:16
時々行く居酒屋に我らが白扇酒造の「杉樽焼酎」が置いてあるので忘年会帰りに投稿しました。嬉しい^ - ^

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM