2019.2.23,24「全国有機農業の集い2019in琵琶湖」募集始まりました!

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 17:36

有機農業を愛する全国の仲間が大集合!

2019年2月23日、24日の土日は、琵琶湖にあつまれ〜!!

 

全国有機農業の集い2019ちらし両面

 

※イベント詳細は、使い捨て時代を考える会のfacebookページで続々紹介中。

 最新情報はこちらでチェック!


△▼△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▼△▽
     = 全国有機農業の集い2019 in 琵琶湖 =
つくる人・食べる人のつながりが大事! なんやねん、PGSって?
    (第47回日本有機農業研究会全国大会・総会)
   2019年2月23日(土)、24日(日)@滋賀県大津市
▽△▼△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▼△

 

有機農業の未来に明るい希望が生まれるワークショップ、
3・11後では初の運転差し止めを命じる関西電力大飯原発3,4号機を
めぐる2014年の判決を書いた裁判長による講演、
提携の次のステージをめざす提携推奨PGSプログラムの実施についての提言、
テーマを深める分科会、有機農業の種の交換会、手作りマルシェと、
志を同じくする全国の仲間が集まって、まさに有機的で濃密な2日間を過ごします。


■日程:2019年2月23日(土)、24日(日)
■会場:アヤハレークサイドホテル
(滋賀県大津市におの浜3丁目2-25)
    JR東海道本線(琵琶湖線)膳所(ぜぜ)駅より徒歩10分、
     または大津駅より送迎バスで5分
     http://www.ayaha.co.jp/lakeside/ 
■開催趣旨:
 いのちを大切にする社会をつくるための実践としての有機農業。
その発展には作り手と食べ手がつながり支え合う「提携」をすすめることが
不可欠です。そのための鍵を握る新しい仕組み、PGS(参加型保証システム)
の創設について考えるとともに、次の時代を見越し、めざす未来のビジョンや
歩むべき道筋を、生産・消費・流通の立場を越えて語り合います。

 

■プログラム(予定)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1日目】 2月23日(土) 
プレ企画 9:00-11:00
 明るい夢と道筋を描くワークショップ「有機農業が当たり前の未来」
  進行 総合地球環境学研究所FEASTプロジェクト
開会式  13:00-13:30
特別講演 13:30-15:00
 「いのちを大切にする社会をつくる ? 原発訴訟と裁判官の責任」
   樋口英明(福井地裁元裁判長)
基調提言 15:00-16:00
 「有機農業の原点とPGSの考え方」 槌田劭
 「PGSの世界の流れ」 橋本慎司
分科会 16:30-18:30
 第1「すてきな有機農業の技」
    話題提供 魚住道郎(茨城県/有機農家)
     道法正徳(株式会社グリーングラス)
    進行 橋本慎司(兵庫県/有機農家)
 第2「タネを守るということ」
    話題提供 林 重孝(千葉県/有機農家)
     山根成人(ひょうご在来種保存会)
    進行 松平尚也(京都府/有機農家)
 第3「子どもの給食をオーガニックに」 
    話題提供 秋津元輝(京都大学農学研究科)
     末永博子(枚方食品公害と健康を考える会)
     社会福祉法人 照治福祉会 浦堂認定こども園(大阪府)
     進行  岩島 史(総合地球環境学研究所)
 第4「人をつなげる提携推奨PGSを作ろう」
    話題提供  槌田劭(使い捨て時代を考える会)
     久保田裕子(日本有機農業研究会) 
    進行 平賀 緑(大学非常勤講師)
 第5「あなたの就農、応援します」 
    話題提供  福原圧史(NPO法人ゆうきびと)
    進行  児島ひかる&児島阿彌(使い捨て時代を考える会)
 第6「琵琶湖からの発信 山から海まで、そして暮らし」
    話題提供 中村清作(琵琶湖漁師)
    進行  仁木貴之(安全農産供給センター)
オーガニック交流会(懇親会)、大会アピール 19:00-21:00
夜の語らい 21:00-23:00

 

【2日目】 2月24日(日) 
種苗交換会 8:00-9:45
 自家採種用の種子の交換です。交換・提供する種子を持参の方は、
 当日に大会受付で登録してください。
 持参の種子類は、小分けにして袋に入れ、受付時に配布する書類に
 説明を書いてください。
 なお、種子の持参なしで種がほしい方は、1000円以上のカンパで参加できます。
第47回日本有機農業研究会通常総会  10:00-12:00
全国有機農家らのここだけマルシェ 10:00-13:50
  マイ箸、マイ食器、マイバッグをご持参ください。
 ※出店者を募集しています。
  12月27日(木)〆切。詳細は以下のURLをご覧ください。
   http://bit.ly/2Pbvuko


閉会式 13:50-14:00
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■参加費
23日 A.全日参加(懇親会・朝食付き宿泊あり)
      18,000円(早割 17,000円)
   B.全日参加・日帰り(懇親会あり・宿泊なし)
       8,500円(早割 8,000円)
   C.分科会まで参加(懇親会と宿泊なし) 
     3,500円(早割 3,000円)
   D.懇親会のみ参加
       5,500円(早割 5,000円)
   E.プログラム・懇親会参加なし(朝食付き宿泊あり)
       9,500円(早割 9,000円)
  部分参加
   F. プレワークショップ 1,000円  
   G. 基調講演・提言   1,500円  
   H. 分科会       1,000円
24日 一律無料(ただし、マルシェ出店料は別途)    

■申込み締切 (早割)2019年1月31日(木)まで
       (普通)2019年2月15日(金)まで
       ※ただし定員に達し次第、締切ります。
 ※宿泊も懇親会への参加もされない場合、当日参加はできますが、
  事前申込者を優先し、定員を超える場合は入場をお断りする
  場合があります。できるだけ早めにお申し込みください。
  当日の円滑な進行のため、事前払込みにご協力をお願いいたします。

■申込み方法
1 ウェブサイトの申込みページから必要事項を送信の上、
 期日までに払い込んでいただくことで申込み完了とします。
  1月31日(木)までに振り込みの方まで「早割」で受け付けます。
  2月15日(金)までに振り込みがない場合は、予約は取り消しと
   なりますのでご承知おきください。
 ※イベント申込みページ  https://bit.ly/2RNATQ6 

■振込先
 ゆうちょ銀行  ★払込み手数料はご負担をお願いいたします。
 口座番号 00900−8−196565
 口座名義 日有研全国大会2019実行委員会
【専用の払込票をご利用でない場合】
 ●ゆうちょ銀行または、ゆうちょダイレクトからお支払いの場合、
  以下の口座を指定してください。
  預金種目 当座預金  記号 00900  番号 196565
  口座名義 日有研全国大会2019実行委員会(読み ニチユウケンゼンコクタイカイ)
 ●他の金融機関からお支払いの場合、以下の口座を指定してください。
  銀行名 ゆうちょ銀行  支店名 ○九九店(読み:ゼロキュウキュウ)
  預金種目 当座預金  口座番号 196565
  口座名義 日有研全国大会2019実行委員会
 ※必ず申込みと同時か申込み後にお振り込みください。
 ※お申し込み者のお名前と振込名義が異なる場合は、
  入金の確認ができませんので、事務局までお知らせください。

※キャンセルについて
 お申し込みの取り消しについては、以下のキャンセル料を申し受けます。
 2月15日(金)まで  参加費の10%(90%返金)
 2月16日(土)から21日(木) 参加費の50%(半額返金)
 2月22日(金)以降  参加費の100%(返金いたしません)

●お振り込みいただいた際の受領証、振込票の控え、ネットバンクの
 振込通知画面のコピー等を大切に保管し、当日は会場にお持ちください。
 受付で手違いがあった場合にお申し込みの証明となります。

■主催:日有研全国大会2019実行委員会/日本有機農業研究会
■問合せ 実行委員会事務局 使い捨て時代を考える会、安全農産供給センター
     TEL 050-7119-5449(専用)
     FAX 0774-24-9512(安全農産供給センター)
     E-mail : joaa2019biwako@yahoo.co.jp

 

 

JUGEMテーマ:オーガニック農産物

★オーガニック大収穫感謝祭★11/18(日)知恩寺でお待ちしています

  • 2018.11.12 Monday
  • 12:29

いよいよ今週末です!!

 

収穫感謝祭2018ちらし表収穫感謝祭2018ちらし裏

 

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
  オーガニック大収穫感謝祭
 --作り手と食べ手が出会う日--
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


 収穫の秋です!
 京都近辺の有機野菜・有機米・果物の生産者・加工業者・お店が百万遍知恩寺境内に大集合!
 作り手が生産物・食べものをご紹介します♪
 おいしさの秘密を生産者に直に聞いてみよう。
 おいしい料理やプチ手づくり市もあるよ♪
 自然の恵みと、作ってくれる方への感謝、食べて支えてくれる人への感謝、
 つながりをつくっている人への感謝を込めて、オーガニックなお祭りです!

 

日 時:2018年11月18日(日)11:00-15:00
場 所:百万遍知恩寺(京都市左京区田中門前町103)
    ・京都市バス17、201、203、206系統で「百万遍」下車すぐ
    ・京阪電車京都線・叡山電鉄「出町柳駅」下車 徒歩10分
協 賛:日本有機農業研究会、市民環境研究所
後 援:京都府、京都市、京都新聞、エフエム京都、KBS京都
主 催:NPO法人 使い捨て時代を考える会、(株)安全農産供給センター
問合せ:NPO法人 使い捨て時代を考える会
     TEL 075-361-0222 FAX 075-361-025
     email : info@tukaisutejidai.com


 ※お得な農産福袋あり!(限定100セット500円)

 ※マイバッグ、マイ箸、マイ食器をご持参ください。
  食器を100円のデポジットで貸し出します。

 ※会場に駐車場はありません。公共交通でお越しください。
  知恩寺西側の裏門辺りに駐輪場を設けています。


■「子どもお休みどころ」あります
 知恩寺茶室に授乳(ミルク用のお湯)・おむつかえ・休憩スペースを用意しています。
 人形劇(ひみちゃたい)の公演もあります。
  第1回11:30-12:15 第2回13:00-13:45

 

■ステージプログラム
 11:00-11:20 オープニング ラテン太鼓チームave covo
 11:30-12:00 園部地区による餅つきふるまい
 12:10-12:40 カイル・ビンセントさん ライブ
 12:50-13:05 菅野みくにさん ライブ
 13:15-13:30 ストロベリーズ ライブ
 13:40-13:55 西町楽団 ライブ
 14:05-14:20 AVE COV Oライブ
 14:50-15:00 クロージング ラテン太鼓チームave covo

 

■お店の見どころ・食べどころ
・木次乳業のブラウンスイス牛肉のハンバーグを使ったバーガー
・芦浜産直の鯖寿司や秋刀魚寿司、イカ焼きのお店
・さんさんファームの黒豚の串焼きに黒豚ソーセージ
・丸友海産のしらす丼
・影山製油所の菜種油で天ぷらの試食
・パンドパパの自家製天然酵母パン
・かたぎ古香園の荒茶詰め放題
・フェアトレーディングやプレスオルタナティブ(第3世界ショップ)のチョコレート・雑貨
・城陽酒造の自然酔のコップ酒や自ビールクラブの自ビール
・センターや会の委員会のお店では特製カレーや館製麺所のうどん


出店者など、詳しくはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

この指とまれ農場 

西歩  有機生産者

■奈良県月ヶ瀬地区有機生産者

■京都府南丹地区有機生産者

■奈良県御所地区有機生産者

■小畠完 有機生産者・京都府南丹市(米粉・米粉製品・合鴨加工品)

■尾崎零 有機生産者・大阪府能勢町(有機農業なんでも相談コーナー)

■壇進 有機生産者・京都市

影山製油所・島根県 

木次乳業・島根県 

さんさんファーム・長野県 

■丸友海産・和歌山県

あらいぶきっちん・京都長岡京市

愛媛有機農産組合

フェアトレード・プレスオルタナティブ

彩生舎 

Pan de Pa Pa・大阪府枚方市(天然酵母パン)

玉屋珈琲・京都市(有機焙煎)

蔵元 城陽酒造・京都府城陽市 

浅川亭 

月ヶ瀬健康茶園 

ドライリバー(パン)

■みかん山

五右衛門マルシェ

桜井食品・岐阜県美濃加茂市(麺、輸入食材)

すみれや・京都市左京区(乾物・雑貨) 

きっちんハリーナ(おばんざい) 

■五右衛門マルシェ

■井尻由香(みとき屋 天然酵母パン・焼き菓子)

■人見桂子(出汁とおにぎり)

■枚方ブロック・西川(蒸しパン・雑貨)

■高木淳子(手作りショール等)

■野崎暁美(ケークサレ)

■金原真紀子(ベトナム料理)

■脱原発委員会(保養キャンプ)

■京都YWCAイエニック(マーマレード・菓子など)

■自ビールクラブ

■アジェンダ・プロジェクト(本・菊芋)

■川瀬理央(楽焼き)

■鳴海良(楽器)

■農薬ゼミ


★生産者に会いに来てね!
 日頃はお会いできない遠方の生産者や加工業者の方々が来られます。その人たちといろいろとお話しするだけでも貴重な時間だと思います。今年は特に地震や台風など、災害の多かった年です。生産現場でのご苦労をお聞きされてはいかがでしょうか。ぜひとも秋の深まる京都・知恩寺で素敵な出会いをしてください。知恩寺でお待ちしてまーす♪

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

11/18(日)はオーガニック大収穫感謝祭です!

  • 2018.10.22 Monday
  • 16:05

収穫感謝祭2018ちらし表

収穫感謝祭まで一カ月を切りました。

安全農産供給センターも使い捨て時代を考える会も大わらわ、張り切って準備を進めています。

 

 オーガニック大収穫感謝祭

--作り手と食べ手が出会う日--

日時:11月18日(日)11:00-15:00

場所:百万遍知恩寺境内

 

★どこを見ても美味しいものばかり!
 さあ、そんな今年の収穫感謝祭、気になる加工業者の出店内容をドドーンと紹介します。

 まずは木次乳業から、ブラウンスイス牛肉のハンバーグを使った「木次バーガー」がお目見え。お肉はもちろん、バンズも地元の「食の杜」で作られているパンです。ちなみにバーガーに使われるソースは安全農産のオリジナルピューレで作ってもらいます。これで美味しくない訳がない! ぜひ食べに来てください。そして芦浜産直から阪口さんご家族に来ていただき、鯖寿司や秋刀魚寿司、イカ焼きのお店、さんさんファームからは黒豚の串焼きに黒豚ソーセージ、和歌山からちりめんじゃこを頂いている丸友海産のしらす丼も見逃せません。その他にも影山製油所から天ぷらの試食、パンドパパのパン、かたぎ古香園の荒茶詰め放題、フェアトレーディングプレスオルタナティブ(第3世界ショップ)のチョコレート・雑貨の販売などなど、気になるお店が目白押しです。
 また、お酒好きの方にも朗報。城陽酒造の自然酔のコップ酒や自ビールクラブの自ビールも飲んでいただけます。センターや会の委員会の方々のお店では特製カレーや館製麺所のうどんもお出しします。どこを見ても美味しいものばかり。食いしん坊ならずとも、きっとヨダレが落ちること請け合いです。


★収穫感謝祭は出会いの場 〜日頃の感謝を込めて
 また、収穫感謝祭は文字どおり、今年の収穫に感謝するお祭りでもあります。日頃なかなかお会いすることのできない、生産者や加工業者の方々が一堂に会する日です。そんなまたとない機会にお越しいただき、生産者や加工業者、消費者の方々と交流してください。一度、顔を見るだけでも今後届く供給品がグッと近くなります。あなたの人生を変える出会いがあるかもしれませんよ(ちょっと大げさかな)。


★ぜひお友達を連れて来てください
 そしてそんなまたとない機会にぜひお友達を連れて来てください。有機栽培のお野菜や、原材料にこだわり合成添加物を使わない調味料など、私たちが取り扱っている品々に興味のある方にはいい機会だと思います。会員の皆さんには、お友達を新入会員受付コーナーにお連れいただくと「ポコ券」を5ポコ(500円相当)差し上げます。また、連れて来てくださった会員さんにも5ポコ差し上げますので、あの方をぜひ!という方がいらっしゃいましたらぜひともお願いします。


 それでは、何度も言いますが当日晴れることを祈って(昨年のように台風が来ないことを祈って)、お祭りまでの準備を着々と進めてまいります。

 皆さんと知恩寺でお会いできることを楽しみにしています!

 

 

★当日スタッフ募集中! 同じ阿呆なら踊らにゃソンソン♪

 この楽しいお祭りを一緒に盛り上げてくれる当日スタッフも受け付けています。

 生産者やお店の方と仲良くなれるチャンスです。スタッフには当日も使える本会の地域通貨「ポコ券」もプレゼント。お手伝いいただける方はセンターまたは供給担当者へお声がけください。

 

収穫感謝祭2018ちらし裏

 

JUGEMテーマ:安全でおいしい野菜どこにある

収穫感謝祭中止

  • 2017.10.26 Thursday
  • 16:03
残念なお知らせです。29日の日曜に予定していた収穫感謝祭は台風接近で中止になりました。楽しみにしていた皆さん、申し訳ありませんm(._.)m

取り急ぎお知らせまで。

2017収穫感謝祭

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 13:35

いよいよ今度の日曜、29日は収穫感謝祭です。左京区の知恩寺で11時からです。ぜひお越しください。

自転車は西側の小さい方の門から入った所の奥に駐輪場がありますのでそちらへ。決して正門の前の歩道には停めないでください。

3月12日(日)は城陽酒造の蔵開き祭にGO!

  • 2017.03.06 Monday
  • 09:43

イベント情報

 

城陽酒造蔵開きにセンターが出店します。

 

自然酔でおなじみの城陽酒造で、来たる312日に蔵開きが開催されます。

 

会場には、城陽酒造の協力店舗が様々なブースを出店してお祭りを盛り上げてくれます。

意外な出会いもあるかも。

 

当日センターは鳴門の殻付き牡蠣を蒸して提供する予定です。

写真は殻付き蒸し牡蠣を売りさばく専従の朴

 

折しも近くの青谷梅林では、梅の花が見頃を迎えております。

梅を愛でるついでに、蔵開きにお立ち寄りなさいませんか?

 

インフォメーション

1,開催日時:2017312()10時〜15

2,開催場所:城陽酒造株式会社 社屋敷地内(京都府城陽市奈島久保野34-1)

 ※JR奈良線「山城青谷」駅より徒歩5分です。

 ※入場無料です。

 ※屋外でのイベントですので、防寒対策をお忘れなく。

 ※近くに駐車場はありません。車での来場はお控えください。

 

蔵開きに関する城陽酒造のホームページもご覧下さい。

http://joyo-shuzo.co.jp/news.html

 

 

城陽酒造の酒粕詰め祭

  • 2017.01.18 Wednesday
  • 16:42

安全農産オリジナルの日本酒「自然酔」でもおなじみの城陽酒造。

今日は専従上田による、城陽酒造の「酒粕つめ放題イベント」と「酒蔵見学会」のお知らせです。

 

城陽酒造酒粕詰め祭に行ってきました。

といっても人は少なめ。

 

酒粕を用意してもらった袋に制限時間(1分に)詰め込めるか挑戦するだけ。

ちょっと城陽酒造の近くに行ったら挑戦してみませんか?

甘酒も用意されています。

 

つめ放題で500円とはすごくお得ですね!

 

参加費は1人1回500円。

上手な人は2kg以上つめられるそうです。

 

実施日は

1月28日(土)、2月4日(土)、18日(土)

いずれも

午前の部 9:30〜11:00、

午後の部13:30〜15:00

の予定です。

なお数量制限のため、その日の酒粕が無くなり次第終了となります。

 

午後の参加は城陽酒造に確認したほうが良いかもしれません。

くわしくは城陽酒造のHPNEWSをご覧下さい。

そしてそして↓

 

城陽酒造・酒蔵見学会緊急告知!

今年もやります。城陽酒造酒蔵見学。

日程は

2月4日(土)

参加申し込みは安全農産供給センターまで

なお当日は、上記の酒粕詰め祭り開催しているので、両方に参加できます。

恒例の歴代自然酔の飲み比べ「利き自然酔」も開催予定。

いよいよ今週末!オーガニックベジフェスin知恩寺11月20日(日)

  • 2016.11.16 Wednesday
  • 14:29

いよいよ今週末!オーガニックベジフェスin知恩寺11月20日(日)

 

イベントコーナーで告知をしてきた、オーガニックベジフェスin知恩寺。

いよいよ今週末に迫ってきました!

 

最後のお知らせは、消費者会員さんやそのお知り合いなどの皆さんが出す、個性豊かなブースを紹介します。

 

ー蟶遒蠅里菓子やパンなど、食べ物系

マーマレードやお菓子、炭火で焼くピザ(ピザ窯を持ち込んで焼きます)、ニラのお焼き、

生春巻きやチェー(ベトナムのデザート)、ピタパン、サツマイモのデザート、

温かいスープや手作りロールケーキなどなど・・・ものすごいバラエティです。

 

販売系食品

自家製キクイモ、ぶどうジャム、佃煮、コーヒー豆、オーガニックハチミツ、

ちりめん山椒、塩こぶ、こんにゃく、筍の瓶詰め、野菜、マクロビ関係、保存食などなど・・・

 

雑貨類

羊毛フェルト、エコバッグ、がんぶち、本、衣類、布ナプキン、母乳パッド、

ヤシの実など天然素材で作った楽器、花器、陶器、食器、古着のリサイクル品(エプロンやバッグ)

手作りおもちゃ、リメイク衣料、布小物、手作り入浴剤、子供服などなど・・・

 

ぢ慮灰屐璽

整体、楽焼き(煉瓦で作った簡易の窯でお客さんに絵付けをしてもらってその場で焼きます)

 

ざっと挙げてもこんな感じです。30を超えるブースがあなたをお待ちしています。

ぜひとも11月20日は、百万遍交差点そば、知恩寺までお越し下さいませ。

開場時間は10:30で収量が15:00の予定です。

 

じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html

 

イベント情報「オーガニックベジフェス in 知恩寺」まであと10日余り!!

  • 2016.11.10 Thursday
  • 12:53

「オーガニックベジフェス in 知恩寺」まであと10日余り!!

 

 あっという間にあと2週間を切り、来週の週末に迫ってきたオーガニックベジフェスin知恩寺の紹介コーナー第2弾です。

今週は知恩寺の境内を埋め尽くす50を超えるブースの紹介コーナー第1弾です。

 

 ブースには大きく分けて3種類あります。

例年の収穫感謝祭でおなじみの生産者・業者さんのブース。

消費者会員さんの個性豊かなブース。

そして使い捨て時代を考える会や安全農産の会員さんから繋がっている会員外の方のブース。

以上の3つです。

 

そしてそのブースの数々は、バラエティー豊かなことこの上ありません。

あまりにも多様で面白すぎるブースの詳細を紹介するのが無茶というものなのですが、

無茶を承知でダイジェスト的に紹介していきましょう!

 

◆遠方からも業者さんが続々やってきて店開き

↑影山製油所ブース(2015年春まつりにて)

 

まるとも海産や芦浜産直は三重県から、

さんさんファームは長野県松川町から、

影山製油所や木次乳業はなんと島根県から、

と遠方の業者さんが続々知恩寺に集結します。

↑木次乳業ブース(2015年春まつりにて)

 

もちろん関西近辺の業者さんや生産者たちも大勢駆けつけて下さいます。

その数18ブース!普段はなかなかあったり話をしたりできない業者さんや農家のみなさんと会って話をする貴重なチャンスです。

ここでしか食べられない物、ここでしか聞けない話などなど、ぜひ楽しみにしていてください。

↑まるとも海産ブース(2015年春まつりにて)

 

日本酒、海産物(鯖寿司もあるよ)、ソーセージや天ぷらや焼き立てパンまで盛りだくさんです

野菜や果物、乳製品や化粧品まで、おみやげに持って帰れる販売ブースもかつてないほど充実しています。

個人的には、「新米と産みたて卵の卵かけごはん」を

その卵と米の生産者の話を聞きながら食べるという体験ができるブースに注目しています。

(伊賀地区生産者ブースで販売予定)

 

あまり長くなっても読むのが大変なので、今回はここまで。

次回は消費者会員さんが展開する20前後のバラエティー豊かなブースの数々を紹介していきます。お楽しみに!

 

 

じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html

 

11月20日(日)はオーガニックベジフェス in 知恩寺

  • 2016.10.31 Monday
  • 18:39

来たる11月20日(日)に大規模なイベントを開催します。

 

その名も『オーガニックベジフェス!収穫感謝祭』です。

 

 

会場は京都大学の近く、百万遍交差点北東にある知恩寺境内です。

生産者・加工品の業者さん・消費者会員さんのブースが50以上も出店する予定で、

境内を所狭しと埋め尽くす賑わいを見せてくれるでしょう。

ここでしか買えない物、ここでしか食べられない物がたくさん登場する予定です。

どうぞお楽しみに。

 

百万遍知恩寺

 

詳しい情報はこれから少しずつご紹介していくことにします。

 

とりあえず、その日のスケジュールを空けておいて下さいね。

お待ちしています。

 

じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM