考える材料

  • 2014.06.13 Friday
  • 00:41
JUGEMテーマ:野菜で健康生活

ちょっと考えさせられるできごとがひとつ。

私たち専従職員は、毎週月曜日、水曜日、木曜日に産地に集荷に行きます。
季節によってトラックに積む野菜の量は変わりますが、生産者の方と直接お話しする機会でもあります。

S子さんちで「あんた、ちょっとこれ見てや〜」と洗濯かごいっぱいに入っていたのは…。
KC4800960002.jpg実エンドウです。
ご覧のとおり、皮がボロボロ。たぶん虫食いでしょう。

「こんなん、消費者の人はどう思わはるやろか」とS子さん。

「でも中の豆はどうもあらへん」

KC4800970001.jpgさやの中には、はち切れんばかりに丸々と太ったお豆が入っていました。

値段を下げて行商(ひき売り)で売ったらどうかなと思い、申し出てみると、
「こんなんでは私は(恥ずかしくて)よう出さん(出荷しない)」ということで拒まれました。

生産者としてのプライド、そして一方で安心・安全に加えて見栄えもキレイな野菜を求める私たち都市生活者。
だけど、力及ばずして出荷できなくなった野菜はどうなるのでしょう。

再びトラックを走らせながら、私たちの会のテーマのひとつでもある「取扱い品は考える素材である」
という話を思い出しました。

物々交換の「さまさま市」もいよいよ明後日。対価をお金に置き換える価値観から離れる日。

結局、この豆は私が頂いて帰りました。明日の昼食で豆ごはんにしてみんなで頂きます。
S子さん、ありがとうございました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM