ぬか床講習会2015初夏〜あの時のぬか床が今もこの胸に〜

  • 2015.07.01 Wednesday
  • 16:08
6月22日(月)は「ぬか床づくり講習会」でした。
参加者はマイぬか床を作って持って帰れる人気企画です。
会場はいつもと違って伏見にある「エコロジーセンター京(みやこ)」。
地球環境とエコをテーマにした面白い建物です。

当日に使ったぬか床の材料は以下の通り・・・
リサイズ_DSCF0481.jpg
ぬか(有機栽培のお米の貴重なぬかですよ)
塩(しままーす)
パン(今日はベッカライヨナタンのサワドウパン)
味噌(やさか味噌)
タカノツメ(向井珍味堂)
昆布(日高昆布)
にんにく(醤油漬けしたもの)

普段何気なく使っていますが、考えてみれば贅沢な材料です。

リサイズ_DSCF0483.jpg
さて、講習会スタート。
まずは水をボールに入れて、材料を混ぜていきます。
写真はサワドウパンを細かくちぎって加えているところです。

リサイズ_DSCF0486.jpg
そこに味噌とぬかを入れます。少しずつ加えてまんべんなくしっかり混ぜますよー。

リサイズ_DSCF0489.jpg
ぬかを全部入れたら、昆布やタカノツメ、にんにくなどを加えていきます。
いろんなものを入れてコクを出したりうまみを引き出したり・・・
慣れてきたら、独自の物を好きなように加えて、自分だけのオリジナルのぬか床にアレンジしましょう。
でも今日は、初めてぬか床を作る参加者も多いので、まずはレシピ通りにします。

リサイズ_DSCF0514.jpg
ぬか床を作るのは意外に簡単。
肝心なのはここから夏の間、しっかり愛情を持って管理すること。
ぬか床を管理する際のちょっとしたコツや注意点などを講師の安井さんが教えてくれます。
みんな真剣にメモをとってますよ。

リサイズ_DSCF0527.jpg
講習会に合わせて講師の安井さんが漬けてきてくださったぬか漬けです。
さすがにキャリアの長いベテラン主婦の作るは、味のバランスが良くて美味しい。
安心して食べられます。
試食したのはきゅうり、人参、ズッキーニ、キャベツ、大根の5種類。
定番のきゅうりや人参、大根のほかに、意外とズッキーニも美味しいんです。
そして当日最大のサプライズ、というと大げさですが、キャベツのぬか漬けがめっちゃ美味でした。
ちょっとドイツのザワークラウト(キャベツの漬け物)を思い起こさせる、きりっとした味がクセになります。
乳酸発酵バンザイ!

リサイズ_DSCF0537.jpg
講習会の後はピザとコーヒーでティータイム。
会員さんの手作りピザもめっちゃ美味しかったー!
※キャベツのぬか漬けを刻んでピザにのせたら、すごくマッチしましたよ。
ぬか床についてのよもやま話や雑談に花が咲きます。
意外な話が聞けたりしますよ。

こんな感じで和やかに終了。
みなさん、自分の作ったマイぬか床をお土産に帰っていかれました。
この夏、皆さんが素晴らしいぬか床生活を満喫されますように!

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM