大鹿村に行ってきました! 専従のつぶやき 朴

  • 2015.08.26 Wednesday
  • 10:55

 ”専従のつぶやき”  朴さんです!!
「大鹿村に行ってきました!」
 

 先日、胆管癌のため亡くなられたアルプス牛の生産者、
青木 清さん(享年
68歳)のお参りも兼ねて、長野県の大鹿村に行ってきました。
青木さんは長年、牛の生産者としてセンターのアルプス牛や大鹿牛を肥育して下さっていました。

150826_ブログ用リサイズ2.jpg
(在りし日の青木さん 向かって左青いシャツが青木さんです)
ミートミーティングなどでお会いすると、いつも気さくにニヤリと笑いながら、
牛の話からバカ話まで、老若男女問わず話しかけてくださって、僕も本当に大好きな人でした。
最近、胆管癌を患っておられるとは聞いていましたが、こんなに早く亡くなられるとは思いませんでした。

青木さん宅の仏壇(青木さんは無宗教で、戒名もないそうですが)に線香をあげさせていただいて、
お連れ合いの土屋道子さんにお話を聞きました。
青木さんが亡くなられた時、息子の連くん(
27歳)が一番泣いていたそうです。
ここ最近は牛飼いを引き継ぐために、青木さんからいろいろと手解きを受けていたそうですが、
彼にとっても父親の死は早すぎたようです。
しかし、道子さんも連くんも、そして娘さんの香糸(かいと)さんも気持ちを入れ替えて、
家族で力を合わせ牛飼いに専念されているようでした。

150826_ブログ用リサイズ.jpg
(左より、福沢さん、連くん、香糸さんの娘さん、香糸さん、土屋道子さん)

もう一人の生産者、福沢さんにも来ていただき、
最近子牛や餌代が値上がりしている話など、牛飼いの現状をお聞きし、
青木さんの牛舎をみせてもらいました。

150826_ブログ用リサイズ1.jpg
広々とした牛舎で約20頭の牛(アルプス牛14頭、和牛7頭)が肥育されており、
僕たちが近づくと人懐っこく近寄ってきました。
今まで青木さんが愛情を込めて育ててくださっていたのが、牛からも感じとれます。
これからの事を考えると、連くんも不安で一杯だそうですが、
清さんがやってこられた事を少しずつ学びながら、彼なりの牛飼いをしてくれると思います。

そして、僕たちもそんな生産者をこれからも応援していきたいと思います。
大鹿村のアルプス牛を、どうぞよろしくお願いします。【朴】





 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM