2016 第1回NANTAN農業教室報告

  • 2016.04.20 Wednesday
  • 16:14

 

416日 第一回NANTAN農業教室報告

 

今年もやりますNANTAN農業教室!
第一回目は、もち米苗の播種と椎茸菌打ち、
そして今年の農業教室の方針論議という盛り沢山の内容でした。

参加者は総勢
17名と、チと寂しいカンジでしたが、経験者が多く、円滑に進んでいきました。
まず農業教室校長先生の湯浅 洋次さんが播種の実演。

洋次さんお手本.jpg
苗作りパレットに新聞紙を敷いて、培土を入れ、専用の器具で土の高さを揃えます。
まんべんなくタップリと水をやり、浸水していたもち米の籾をパラパラと播く。
ここであまり密に播いてしまうと小さ過ぎる苗に育ってしまいます。

水やり.jpg
子供たちは低い高度から景気良く播くので密になり過ぎなのもご愛嬌。
さてこれに軽く土をかぶせ、苗作りハウスに設置して完了。

ハウスへ並べる.jpg
お昼は参加した会員さんの筍汁&野草料理が振る舞われ、お昼の会議へ。
今年は去年の内容にプラスして、加工〜販売を見据えた野菜作付けをしていくことが確認されました。

さて午後からは椎茸菌打ち。まずほだ木
40本に菌打ち専用ドリルで穴開け。

あなあけ.jpg
椎茸農家の上田克彦さんからお借りしたこのドリル、さすがプロ用スペック。
椎茸菌が
1000個ですからほだ木1本あたり25穴しか必要ないのですが、

菌うち.jpg

あまりのスムーズな作業につい調子に乗り、1本あたりに莫大な穴あけをしてしまい、
菌が不足して余剰ほだ木の山ができたのもご愛嬌か。

ほだ木.jpg
このように今回の教室はゆるく終了していったのでした。(渡辺)

 



 じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
 E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM