奈良・御所地区生産者を訪ねて

  • 2016.09.22 Thursday
  • 19:41

9月17日(土)のお話です。

和歌山県境が近い、奈良県・御所市の生産者の田畑を、会員の皆さんと共に訪ねてきました。

 

参加者は14名と大勢の参加となりました。台風の接近で、天気が心配されていました。

ふたを開けてみると、曇りのち晴れとまずまずの行楽日和でした。

 

まずは生産者のお宅から近い、大和葛城山へ向けてハイキング。

IMG_2151.JPG
生産者の上田誠宏さん(トマト生産者)と北村隆史さん(柿生産者)の案内で、ロープウェイに乗り葛城山の山頂に向かい、軽いハイキングをしてきました。

 

もやがかかっていて、遠くまできれいに景色は見えませんでしたが、ススキ野原や、アサギマダラチョウなどを見ることができました。

 

IMG_2156.JPG

ロープウェイから下界〜大和平野が一望できます。

 

IMG_2164.JPG

山頂近くの苔むす葛城天神社です。厳かな雰囲気が漂います。

 

IMG_2169.JPG

 

IMG_2181.JPG

まだ残暑厳しい下界と異なり、山頂はもう秋の気配がヒタヒタとススキにのって押し寄せてきます。

 

IMG_2185.JPG

空へつながる道。葛城山頂近くにて。

 

お昼に北村洸子さん(キゥイ生産者)と、誠宏さんの奥様と合流して、自己紹介や畑の様子などを話して交流しました。

P1030834.JPG

 

午後からは、前述の生産者の皆さんの田畑を見学しました。

見学の途中で北村金吾さん(96歳)や上田憲吾さん(91歳)にもお会いして、金吾さんには柿園の案内を、憲吾さんには、今年栽培して収穫した金ゴマの説明をそれぞれして頂きました(近日、出荷予定!こうご期待)。

P1030853.JPG

会生産者の長老の一角をなす、憲吾さんです。ゴマの木を干しておられます。

 

P1030855.JPG

20年ほど前まで栽培して頂いていた「金ごま」〜すごく手がかかる貴重品です。

 

お二人ともお元気で記憶力も素晴らしく、とても90歳を超えているとは思えませんでした。

参加者のみなさんもお二人に会えてとても嬉しそうでした。

P1030898.JPG

最年長の金吾さん(左)。まだまだお元気です。

 

IMG_2200.JPG

山麓線と呼ばれる、金剛山のふもとを走るドライブコースを歩きます。たわわに実った稲穂。

 

IMG_2226.JPG

紀の川水系と金剛山の山水が合わさった美しい水路。生産者の皆さんの田畑をうるおします。

 

P1030864.JPG

憲吾さんちの二代目生産者・誠宏さんです。ジャガイモやトマトを出荷して下さっています。

 

P1030870.JPG

生産者の田畑の横には彼岸花が咲き乱れていました。


参加者の皆さんは今年も御所地区の生産者のみなさんにお会いして、ご当地のきれいな風景に感動して下さいました。

参加者のみなさんからのご感想は、弊社の発行する機関誌に掲載しています。【道下】

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM