イベント情報「オーガニックベジフェス in 知恩寺」まであと10日余り!!

  • 2016.11.10 Thursday
  • 12:53

「オーガニックベジフェス in 知恩寺」まであと10日余り!!

 

 あっという間にあと2週間を切り、来週の週末に迫ってきたオーガニックベジフェスin知恩寺の紹介コーナー第2弾です。

今週は知恩寺の境内を埋め尽くす50を超えるブースの紹介コーナー第1弾です。

 

 ブースには大きく分けて3種類あります。

例年の収穫感謝祭でおなじみの生産者・業者さんのブース。

消費者会員さんの個性豊かなブース。

そして使い捨て時代を考える会や安全農産の会員さんから繋がっている会員外の方のブース。

以上の3つです。

 

そしてそのブースの数々は、バラエティー豊かなことこの上ありません。

あまりにも多様で面白すぎるブースの詳細を紹介するのが無茶というものなのですが、

無茶を承知でダイジェスト的に紹介していきましょう!

 

◆遠方からも業者さんが続々やってきて店開き

↑影山製油所ブース(2015年春まつりにて)

 

まるとも海産や芦浜産直は三重県から、

さんさんファームは長野県松川町から、

影山製油所や木次乳業はなんと島根県から、

と遠方の業者さんが続々知恩寺に集結します。

↑木次乳業ブース(2015年春まつりにて)

 

もちろん関西近辺の業者さんや生産者たちも大勢駆けつけて下さいます。

その数18ブース!普段はなかなかあったり話をしたりできない業者さんや農家のみなさんと会って話をする貴重なチャンスです。

ここでしか食べられない物、ここでしか聞けない話などなど、ぜひ楽しみにしていてください。

↑まるとも海産ブース(2015年春まつりにて)

 

日本酒、海産物(鯖寿司もあるよ)、ソーセージや天ぷらや焼き立てパンまで盛りだくさんです

野菜や果物、乳製品や化粧品まで、おみやげに持って帰れる販売ブースもかつてないほど充実しています。

個人的には、「新米と産みたて卵の卵かけごはん」を

その卵と米の生産者の話を聞きながら食べるという体験ができるブースに注目しています。

(伊賀地区生産者ブースで販売予定)

 

あまり長くなっても読むのが大変なので、今回はここまで。

次回は消費者会員さんが展開する20前後のバラエティー豊かなブースの数々を紹介していきます。お楽しみに!

 

 

じゃがいも株式会社 安全農産供給センターじゃがいも
〒611-0041 京都府宇治市槇島町目川118-7

TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
E-mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
HP:http://anzennousan.com/index.html

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM