2018米作り開始

  • 2018.04.15 Sunday
  • 20:32
会生産者の稲作は桜前線とは逆に北から始まります。日吉町に園部町の生産者の皆さんは、種籾の選別、温湯消毒を経て、今日はいよいよ苗作りの作業として種籾を苗箱にまく作業。レポートは湯浅さんちから。

今年はコシヒカリと「てんこ盛り」という品種。今年は種子更新はせずご自分で種子を採取したもの。ちなみにコシヒカリは別名「コケヒカリ」と陰口を叩かれるくらい稲の背が高くて強風ですぐ倒れる。今年のコシヒカリは比較的背丈の短いものをチョイスしました。




15日の日曜は朝まで雨。お湯で消毒しておいた種籾を乾かさないといけませんが、外にも干せないので洗濯機で脱水。丹波生産者の黒澤さんの作業。


余談ですが黒澤さん、いつの間にかヒゲを生やしておられる。なんでも昔はセンターの専従職員はヒゲを伸ばすのがトレンドというか、ヒゲを蓄えてなんぼ(一人前)のものだったそうです。私はヒゲ伸ばすのは嫌なので落第。

それでも乾かない種籾をムシロに広げて拓さんが撹拌して更に水分を飛ばします。


昔は田んぼの中に苗代と言って、水を引き込んだミニプール?に種籾を直接まいて苗を育成したのですが、機械化(田植え機)が進んだ現在は苗箱や育苗ポットに種籾をまく。



苗箱の数も多いので、機械で種籾を散布。薫炭と培土で種籾をサンドイッチします。種籾があまりに湿っていると「ダマ」になって、うまく落ちないので乾かすのはこのためです。



セッティングの終わった苗箱をハウスの中の育苗プールに運び込みます。湯浅さん親子2人で3日かけてビニールシート張りました。



この日は南丹農業教室のメンバーももち米の種籾まきに来ていました。色の黒いのが農業教室ので、茶色いのが湯浅さんちのもの。黒いのは培土の代わりに薫炭を使うから。軽いというメリットがあります。その代わり保水性は今ひとつ。

今年も豊作になりますように。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM