レシピ ハヤトウリを食べ尽くす

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 00:17

 

これ、なーんだ?

ハヤトウリ

 

ウリ科のハヤトウリ(隼人瓜)です。
あまり見慣れませんが、熱帯アメリカ原産で、日本には大正時代に鹿児島県にもたらされたのが始まりだそうです。


ハヤトウリの使い方でもっともポピュラーなのは奈良漬けです。

大きさは洋なしぐらい。手に載せるとずしりとした重みを感じます。
緑色種と白色種があり、緑の方は少し青臭みが強く、白い方がくせなく食べやすいそうです。

 

さて、サンプルをいただきましたので、いろいろと試してみましたよ。
定番は漬け物ですが、それじゃおもしろくないのでバリエーション豊かに。
くせの少ないという白は生で、緑は火を通した食べ方をしてみました。
切って香りをかいでみると、ちょっと気になるにおいだったので、生で食べる方は塩で軽くもんで絞ってから使いました。
皆さんのお手元に届くときにはもう少し熟していると思います。もし皮が固いと感じるようならむいてください。

 

●白はやとうりのマリネ

マリネ

作り方:
 ハヤトウリは薄切りにして塩をふり、軽くもんでさっと洗い流す。水を切り、お好みの酢とオリーブオイルで和える。黒こしょうをふって出来上がり。

 

しゃきしゃきしていてうまみもある。今回はこの食べ方が一番気に入りました。
あれば柚子やすだちなどかんきつの汁をしぼると、よりおいしくいただけると思います。

 


●白はやとうりとりんごのサラダ

サラダ

作り方:
 ハヤトウリは薄切りにして塩をふり、軽くもんで絞る。薄く切ったりんごとあわせ、お好みの酢と白練りごまと塩で味を調える。出来上がり。

 

柿と合わせてみたかったのですが、なかったのでりんごで。
しゃきしゃきの歯ごたえにりんごの甘さがアクセントとなりました。もっと甘味がほしければ、はちみつを加えてもよいかも。

 


●白はやとうりの紅白なます

なます

作り方はわざわざ説明しません。大根だと思いこんで、なますにしてください。
おいしかったです。家人は大根だと疑わずに食べていました。



ここからは加熱バージョン。緑のハヤトウリを使っています。
風味はきゅうりに似ているような気がしました。香りが気になる方は、にんにくや生姜、スパイスなどでしっかり風味をつけるのがポイントだと思います。

 

●緑はやとうりのきんぴら

きんぴら

これも作り方はわざわざ説明しません。
今回は人参とじゃがいもをあわせ、韓国粉とうがらしをかけました。
けっこうお気に入り。

 


●緑はやとうりとお揚げの炊いたん

炊いたん

作り方……はいらないですね。冬瓜だと思い込んで使いました。
少し青臭さが気になったので、土生姜を加えてあんかけにすればよかったかな。
お好みで、鶏ひき肉などと合わせるのもよいと思います。

 


●緑はやとうりと野菜の味噌炒め

味噌炒め

はい、にんにくを熱して香りが出たところに、玉ねぎ、しいたけとともに味噌で炒めただけです。
これはくせも感じずおいしくいただけました。
火は入れすぎないで、しゃきっとした歯ごたえを残した方が食感が楽しめると思います。

(うわあー、夕飯早くしなきゃ!とあわてていたので、写真がひどくてすみません)。

 


●つみれ汁

つみれ汁

生姜をきかせた鰯のつみれ汁に、細切りにして加えました。
つみれ汁はいつもは大根で作るんですが、大根はこの時期まだないので代わりに。よく合いました。
ムツミンチや太刀魚ミンチなどで試してみてください。


こういう見慣れない野菜を使うときのヒントは、私はまずは生でかじってみて、何に似ているのかを考えます。
今回は大根か冬瓜に見立てて使おうと考え、それでこのラインナップとなりました。
つまりは、大根料理、冬瓜料理の応用で何でもできるということです。
次の機会があれば、クミンやカレー粉と合わせてみたい。トマトピューレでシチューもきっとイケルはず。
いろいろと遊んでみられてはいかがでしょう。

 

 → 第2弾、漬物編はこちら

 

* * * * *

 

ちなみに、ハヤトウリは1株に100個以上の実がなるのだとか。
育ててみようと思われる方は、他のウリ科の植物とは違って、そのまま春まで保管しておいて、そのまま土に植えてください。種は一つしか入っておらず、取り出すともう芽は出ませんので。
実が熟すのは遅く、10月頃が収穫時期です。
私は2年前にチャレンジしたのですが、開墾した畑の土がまだあまりよくなく、成長がゆっくりの自然農では季節に追い付かずに、実が大きく育つまでに寒くなって潰えてしまいました。たぶん肥えた土で試される方が良いと思います。

 

(げんころ)

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM