今日のパック野菜20181101(葉物の食べ方情報あり)

  • 2018.11.01 Thursday
  • 23:06

うわあああっ。

ほんの数週間前まで、野菜がなくて困っていたというのに!

 

パック野菜181101


ミニパック野菜(左)
黒豆枝豆、モロッコ豆、三度豆、レタス、ネギ1、ネギ2、小松菜、サニーレタス、大根間引き菜
 
パック野菜(右)
人参(小)、黒豆枝豆、モロッコ豆、リーフレタス、ネギ1、ネギ2、白ネギ、小松菜、ほうれん草、菊菜1、菊菜2、青梗菜、大根間引き菜、原木生椎茸、ルッコラ、レタス
 

なんだこりゃ、もりもりの量に加えて、ネギ1ネギ2、菊菜1菊菜2って。

すみませんすみません。なんか段取りミスがいろいろあったみたいで。

極端から極端に走るなぁと皆さん苦笑されているのでは。

(すでに笑顔がなくなっていたらどうしよう……(;_;))。

 

 その季節に元気いっぱいの野菜は、季節にあった栄養をたっぷり含んでいます。

 しっかり召し上がって、これからの寒くなる季節に備えてください。


 どんな葉物もたいてい生で食べられます。菊菜のサラダもおいしいのでお試しください。熱したごま油にちりめんじゃこを入れて、ジュッと葉っぱにかけていただくのがおすすめです。油にねぎやにんにくの香りを足すのもよし。


 生野菜は体を冷やすと思われていますが、それは一時のこと。生の野菜に含まれる酵素をしっかり摂ることで、新陳代謝が順調になり、冷え性の改善ができます。冬に備えて酵素を積極的に摂りましょう。

 

 とはいえ、生ではかさが多すぎてなかなか減らないのも問題。逆に、サラダにすると思い込んでいるレタスは加熱料理もいけます。火を通してもシャキシャキ食感は維持されるため、味噌汁やスープ、中華炒めなどに重宝します。熱に弱いビタミンCも、出た水分ごと食べると摂取できます。

 

 新鮮なうちは若い葉を選んでサラダ、少し時間が経てば加熱と、葉物野菜の豊かな世界を試してみてくださいね。

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM