満員御礼!オーガニック大収穫感謝祭2018 作り手と食べ手が出会った日

  • 2018.11.24 Saturday
  • 10:48

谷口さんステージ社長の餅つき

AVE COVOベトナム屋台


野菜販売

●出会いと再開に満ちた場

 11月18日(日)のオーガニック大収穫感謝祭は皆さんの思いが通じたのか、好天に恵まれたくさんの方にお越しいただき大変盛況でした。約1,200名(主催者発表ですが)の方が来場され、美味しいものを食べたり、生産者や加工業者の方、消費者の方とお話しされたり、あちこちで笑顔や久々の再開に抱き合う姿も見られました。

 

●ライブで盛り上がりました

 また、ステージではラテン太鼓チームAVE COVOさんの演奏に始まり、日吉町の生産者、谷口さんの餅つきでお餅を振るまい、ステージを下りてのファンサービスもすばらしいカイル・ビンセントさんのライブ、会員さんのグループ「ストロベリーズ」さんと「西町楽団」さんのほのぼのとほっこりするライブ、そして〆に再びAVE COVOさんの自然と体がゆれてくるような太鼓の演奏で幕を閉じました。最後に安全農産供給センターの社長・鈴木栄から挨拶があり、晴天の下無事に祭りを終えられたことに感謝しました。



カイル・ビンセントさんライブ

●オーガニックな人のつながりを実感

 有機農業や添加物を使わない食品、フェアトレードなど、食べ物や衣類、石けんや環境に配慮した活動など、人や地球のことを考えて農産物を育てたり、食べ物を作っている人達がこれだけたくさん存在し、そしてそれらに賛同し、応援し、利用したいという人達もたくさんいらっしゃること。また、その人達が集うことがこんなにも心が温まり、つながることの大切さを実感したお祭りでした。


 最後になりましたが、当日お手伝いしてくださったスタッフの皆さん、ご来場いただいた皆さんに心より感謝申し上げます。また来年開催の際には(未定ですが)、ぜひご来場くださいね。

(収穫感謝祭2018実行委員・P)

 

 

●安全農産供給センターの食品をよろしくお願いします

 多くの方にお越しいただき、無事終えることができたことに感謝しています。

 たくさんの生産者の方に参加していただき消費者の方とも交流ができて良かったと思います。生産者も消費者も会員であり仲間であるというのは、「安全農産供給センター」を支える「使い捨て時代を考える会」の特徴です。物のつながりでなく人と人とのつながりを大切に考えています。
 安全農産では、生産者会員の農産物のほか、センターのオリジナル品を販売しています。オリジナル品は、会の生産者の農産品を加工して作った、本当に顔の見える貴重な品です。12月中旬にセール企画を予定しています。無農薬米の純米酒、ジュース、カステラ、卵油など、ここでしか手に入らない食べものが目白押し。この機会に会員となって、おいしく安全な食べものを召し上がり、一緒にいのちを守る有機農業運動に参加してください。

 お試し供給の制度もあります。専従スタッフがご説明に伺いますので、お気軽にお問い合わせください。
(専従・N、げんころ)
株式会社 安全農産供給センター
  TEL:0774-22-4634 FAX:0774-24-9512
  Mail : nousan@peace.ocn.ne.jp
野菜販売天ぷら
雑貨人形劇

 

JUGEMテーマ:オーガニック農産物

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM