今週のパック野菜20181220(青菜でカレー)

  • 2018.12.20 Thursday
  • 19:12

今週も! どどどどどん。

 

パック野菜181220

 

(左)ミニパック野菜(12品)

大根、紅芯大根M、かぶ、カリフラワーM、赤かぶ、ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、ねぎ、菊菜、原木生椎茸

 

(真ん中と右)パック野菜(14種品19品)

かぼちゃS、大根、かぶ、赤白かぶ、ミニ白菜、ブロッコリーL、カリフラワーM、ほうれん草×2、水菜×2、小松菜×2、チンゲン菜、ターサイ、菊菜×2、原木生椎茸×2

 

 皆さん、食べきれていますか……。

 心配しながら宅配の箱に詰めています。

 

 農水省の調べによると、今月も豊作、特に結球するレタス、白菜、キャベツ、それとやはり大根が大型化し、値崩れを起こしているとか。

 これ、本来は年明けに出荷するはずだった野菜が早くに大きくなりすぎて出てきてしまっているのですよね。

 来年は品薄になって値段が上がるのだろうな。

 自然は思いどおりにならず、生産者も消費者もほんとに大変です。
 

 だけどこれは、起こるべくして起こっている問題でもあります。

 先日、母校で学生さんたちに話をする機会があり、自分が皆さんの年の頃には「このまま温暖化が進めば自然災害が増え、季候も変わる」ということは予測されていたということを話してきました。

 私たちの社会が科学の警告を聞かないできたことが今につながっていると思うと、わかっていただけに歯噛みする思いです。

 

 さて、それはさておき喫緊の課題は、目の前の大量の野菜を食べきること。

 青菜の大量消費に、緑のカレーはいかがでしょうか。サグカレー(ほうれん草カレー)みたいなの。

 

青菜グリーンカレー

【材料】
玉ねぎ、土生姜、にんにく、お好きな青菜、トマトピューレまたは水煮かジュース、カレー粉などスパイス類

【作り方】
1.青菜は茹でてみじん切りにするかミキサーやフードプロセッサーにかける。
2.鍋に油を熱し、みじん切りにした玉ねぎ、土生姜、にんにくとスパイスをじっくり炒める。
3.青菜とトマトを加えて煮、塩で味を調える。

 以上、いとも簡単にインドカレーの出来上がりです。

 これは基本なので、茹でた豆やじゃがいも、カリフラワーなどをお好みで加えてもおいしい。
 モツァレラチーズを入れたり、もちろんお肉を入れてもOK。
 スパイスはカレー粉ならお手軽ですが、あればクミンシードを基本に、コリアンダー、ガラムマサラ、ターメリック、ペッパーなど組み合わせるとオリジナルが楽しめます。
 トマトないわーという場合は、旨味を足すのに豆乳などを使い、酸味は酢や柑橘の汁で補っても大丈夫。
 カレーの壷を使うなら、最後の炒め煮の段階で加えるといいと思います。
(やったことないけど、たぶん)。


 たくさんある青菜を一気に消費するのにぴったりのメニューです。
 人参葉やセロリなどくせのある素材を加えると意外に美味しくなります。

 お正月はおせちで飽きがち。年末にまとめてカレーを作っておいて、カレーグラタンやドリア、炒飯などにリメイクしていくのもいいですよ。
 めったにない機会、青菜を贅沢に楽しんでください。

 

(げんころ)

 

パック野菜181220

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM