お米だけの卵=自給卵

  • 2020.04.12 Sunday
  • 10:47
マークシートの用紙では注文取ってませんが、安全農産供給センターのポリシーのひとつ、「循環農業」の取り組みのひとつとして「自給卵」なるものがあります。

なんの変哲もないゆで卵。しかし通常の平飼い卵と違うのは、鶏のエサが100%国産、そしてお米がメインでトウモロコシは一切与えていないこと。だから10円アップになっています。

黄身の色は綺麗なレモン色。お米だけだと白っぽい黄身になってしまうので、緑餌と言ってハネ野菜を与えています。これでかなり色が濃くなりますし、鶏の健康にも良い。

鶏も人間と同じでストレスを抱えて、イジメが「つつき合い」という形で現れますが、緑餌をたっぷり食べた鶏のグループではそれが出にくいという報告があります。

朝食で食べた、自給卵のゆで卵。口に入れる前に匂いを嗅いだら、確かに卵特有の臭みがない。そして何もつけないで食べたら黄身が甘く感じられました。お米の柔らかくも優しい味が活きていると感じました。

自給卵の登録ご希望の方は専従職員までお申し出下さい。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM