今週のパック野菜20190328(小松菜は生で食う)

  • 2019.03.28 Thursday
  • 22:48

 ソメイヨシノのつぼみも膨らんできた、本格的な春間近のパックです。

(あっ、左右まちがえた!)

パック野菜190328

 

(右)ミニパック野菜(8品)

春大根、ほうれん草、小松菜、小カブ、高菜、ネギ、原木生椎茸、ルッコラ

 

(左)パック野菜(11種12品)

春大根、春キャベツ、ほうれん草、小松菜、水菜、わさび菜、菜の花、葉ニンニク、ルッコラ、ネギ、ネギ、原木生椎茸

 

 パックの方のネギは2人の生産者から一つずつ入りました。食べ比べてみてください。

パック野菜お品書き190328パック野菜ミニお品書き190328

 

 パック野菜とミニパック野菜、この枠組みは今週でおしまい。

 来週からは二つが統合され、新生パック野菜となります。

 これまでのミニパックに1,2品増えるぐらいのボリュームになるとか。

 今、消費者会員の皆さまに、新しく登録し直しをお願いしています。

 いろいろご無理を言い、ご迷惑をおかけしていることと存じます。

 大変申し訳ございません。

 なにとぞよろしくお願いいたします。

 

 

 さて、ほぼ毎週欠かさずやってくる小松菜ですが、皆さんどうやって召し上がっていますか?

 これという特徴がないのでどうしていいかわからない、いつもおひたしとかいう方も多いのでは。

 小松菜ほどうまい青菜はないぞぐらいの勢いで、私は好きなんですけれど。

 「ファーマーズ☆メッセージ」にも生でかじる話が出ていましたが、生食がうまいんですよ。

 サラダはもちろん、他のものと炒めるときでも、最後に小松菜を入れたらすぐに火を止めるぐらいでおいしいと思っています。

 今日はそんな小松菜でパスタはいかが。

 

 

小松菜の酒粕ホワイトソースパスタ(ベジ)

小松菜パスタ

【材料】小松菜、薄揚げ、土生姜、好みのパスタ、醤油、酒粕、白味噌、豆乳、塩

【作り方】

1.小松菜はざく切りに、土生姜はみじん切りに、薄揚げは刻む。酒粕を豆乳でふやかしておく。パスタを茹でる。

2.鍋にオリーブオイルを熱し、土生姜と薄揚げを入れて醤油を回しかけ、薄揚げがかりっとするまで炒め、取り出しておく。

3.鍋に酒粕と白味噌と豆乳を入れて温める。とろりとしたら火を止めて塩で味を調える。小松菜を加え、余熱でしんなりさせる。

4.茹でたパスタに3のソースをからめて器に盛り、2の薄揚げを載せる。

 

 酒粕ホワイトソースはおしゃれな味です。ちょっとチーズみたいな風味になるのがおもしろいですよ。

 パスタじゃなくてじゃがいもでもおいしいです。

 ベジでない方は、薄揚げの代わりにソーセージとかでもいいですね。

 

 

 こちらは試作の1回目。右の写真のへぼいパスタは手打ちです。小松菜酒粕パスタ

 地粉(国産小麦粉)300gに塩小さじ1と水90-110cc(季節によって調節)で練り上げています。

 材料全部ざっと混ぜて水分を全体に行き渡らせたら20分ほど休ませ、まとめます。

 この生地は餃子の皮にもなるしピザ台にもキッシュ台にもなるし、3日ほど寝かせば勝手に発酵してパンにもなるという優れもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、この元気いっぱいの有機野菜たちに私が触れられるのも、今日限り。

 げんころによるパック野菜シリーズ、3月末の雇用契約満了に伴い、今回でひとまず最終回となりました。

 あと誰がやってくれるのかなあ。いい人が引き継いでくれたらいいなあ。

 

 注文トピックスもセンターニュースも担当してきまして、皆さんにはまだまだお伝えしたいことが他にもいっぱいあったので、心残りです。

 余裕があれば、あと1回ぐらいはブログ更新できるかも?(無理かな……)

 

 広報系が全般に滞るかもしれませんが、そんなときは安全農産供給センターに「しっかりやれ!」と声を届けて、叱咤激励してやってください。

 いろいろとアカンタレなセンターですが、甘やかさずにビシビシご意見を届けていただけると助かります。

 一緒に汗をかいてやろうというお申し出はさらに歓迎します。

 これからもセンターを、どうかどうか、くれぐれもよろしくお願いいたします。

 

(げんころ)

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

今週のパック野菜20190321(ねぎと海草の塩ラーメン)

  • 2019.03.23 Saturday
  • 13:47

 今週のパック野菜もなかなかいいぞ。サラダ、白和え、炒め物、煮物、いろいろ展開できそうです。

 

パック野菜190321

(左)ミニパック野菜(7品)

春大根、ほうれん草、高菜、ワサビ菜、ルッコラ、ネギ、原木生椎茸

 

(右)パック野菜(11品)

春大根、白菜S、ブロッコリーL、小松菜、菜の花、ほうれん草、高菜、ワサビ菜、白ネギ、ネギ、原木生椎茸

 

 

 わさび菜、私は好きなんですよね。ぴりっとした刺激がおいしい。
 この辛さが苦手という方や子どもさんには、色が変わる程度にさっと蒸してください。辛みが抜けるので食べやすくなります。お好みのドレッシングで温野菜サラダに。

 生育旺盛で虫にも強くて育てやすいし、交雑しにくくて種取りできるので、家庭菜園にもおすすめです。

 

パック野菜ミニお品書き190321パック野菜お品書き190321

 

 さて、この週末はやけに冷えるし温かいものが食べたい。

 パックにねぎが続くから、おうちラーメンなんてどうでしょう。

 

中華めん?

 

ねぎと海草の塩ラーメン(ベジ)

 

【材料】中華めん、ねぎ、海草、きのこ、薄揚げ、にんにく、生姜、ごま油、醤油、塩、酒、白こしょう

【作り方】

1.中華めんは茹でておく。

2.みじん切りのにんにくと生姜をごま油で炒め、香りが出たら斜め切りのねぎとほぐしたきのこと薄揚げを加えて醤油を回しかけ、さらに炒める。

3.2に水とたっぷりの海草と刻んだ薄揚げを加えて一煮立ちさせ、塩、酒、白こしょうで味を調える。

4.茹でた麺に丼に盛って、3をかけて出来上がり。

 

 海草ときのこから旨味が出るので出汁いらずです。

 海草は手軽にわかめか、意外なところで焼き海苔もおすすめです。巻き寿司の使い残りを一人ぶん1枚をびりびり破って入れてください。

 節約あっさり系ですので、ラーメンはこってりじゃないと許せねえ!という方は、ねぎを炒めるときにお好きなお肉とあみえびなどを加え、スープにもかつおぶし粉とか入れるといいです。

 お好みで、最後にすりごまを加えたり、ラー油を垂らしても。

 

 中華めんには桜井の有機らーめん(スープなし)とか館製麺所のたまご麺とかがいいですが、なかったら、うどんやスパゲティなどを茹でる際に重曹を入れると、あら不思議、中華めんになります。

 

中華めん?

 

 これはもともと乾のきしめん。中華めんらしく黄色くぷりっとしました。

 冷え込んでいますので、あったかいラーメンではふはふ温まってください。

 

 

 ところで、金曜日、通勤ルートのこぶしが最高潮でした。

こぶしの街路樹

 

 あまりの美しさに涙が出るほど。

 もうセンター出勤するのやめて、一日中ここで見ていようかと思いました。

 

 週明けにはかなり散ってしまっているだろうな。

 この“あはれ”な感覚も、日本人的な季節の愉しみですね。

 日常の忙しさに流されず、早春のはかなさを存分に味わいたいものです。

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

オリジナル米粉でクッキーも!

  • 2019.03.18 Monday
  • 17:10

米粉とふすまのクッキー

 

キターーーーーー!

 

トモちゃん パートスタッフのトモちゃんによる、オリジナル米粉のおやつパート2ですっ。

 (パート1はこちら)。

 

 

 

 

今度はクッキー編。

上の写真は、米粉とふすまのクッキー。さくさくです。

ほんのりとした甘さで、素材のうまみがしっかりわかる。

素朴系が好きなスタッフたちに大好評!

(しかし、だんな様には不評だった模様……。ふすま感が嫌だった?)

レシピはこちらを参考にされたそうです。

 

そしてもう一品。

味噌とチーズの米粉クッキー

 

お味噌とチーズと黒ごまの米粉クッキー

 

こっちはさらに大人気!

甘じょっぱさがクセになる。こりゃうまいわ。ごまがいい仕事しています。

だんな様もよろこんでくれたそう。

 

生地はグルテンでくっつく小麦粉と違ってほろほろ扱いにくいため、

ラップで上下から挟んで、上から麺棒ころころされたとのこと。

参考にされたレシピはこちらです。

 

上のクッキーは生地を寝かす必要があったそうで、先にそちらから仕込み、

寝かしている間に下のクッキーの生地を作って焼き始め、

焼き上がったらすぐに上のクッキーを焼いて、という段取りで、あっという間に2品。

さすがです。

 

こうなったら、小麦粉で作ったものと食べ比べもしてみたくなってきましたね。

米粉のおやつ作り、盛り上がっているセンターです♪

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:おやつ

今週のパック野菜20190314(椎茸ファルシ)

  • 2019.03.15 Friday
  • 21:00

 今週も充実のパックです。

 

パック野菜190314

 

(左)ミニパック野菜(8品)

春大根、ブロッコリーL、原木生椎茸、ほうれん草、菜の花、ネギ、キャベツM、小松菜

 

(右)パック野菜(13品)

春大根、キャベツ、小カブ、ブロッコリーL、白ネギ、原木生椎茸、高菜、小松菜、ほうれん草、水菜、ルッコラ、ネギ、菜の花

 

 今回のほうれん草はにょーんと背が高くて、きっと温かくなって一気に伸びたんだろうな、なんてことを想像しながら宅配の箱に詰めるのが楽しいのです。

 今ごろに届くキャベツは昨年の夏に播種して冬から早春にかけて採れる冬キャベツ。

 あとひと月ほど待つと、秋に播種した春キャベツが届きますよ。

 

パック野菜ミニお品書き190314パック野菜お品書き190314

 

 こちらはお任せ3品の「葉物セット」。この日は小松菜、ほうれん草、水菜でした。

  ↓

葉物セット190314

 

 私はこういう「何かがいろいろ届く」というのが大好きです。

 「おまかせ鮮魚パック」とか。

 時には「ええーっ、こんなん来ちゃったよー!」とか叫びながら、なんとか工夫する創造性が好き。

 達成感とか自己満足感・自己肯定感とかすごいから。

 人生を豊かにするエッセンス、のように思っているのですが、お料理の好きじゃない方は嫌なのかしら。

 

 

 さて、今週のピックアップは原木生椎茸。

 網焼きして春大根のおろしをのせて七味をふってぽん酢でいただくのが一番だと思いますが、それじゃ芸がないのでファルシにしてみました。

 

椎茸ファルシ

おからローフの椎茸詰め(ファルシ)

 

【材料】(2人分)

椎茸2個、おから半カップ、片栗粉小さじ1、玉ねぎ1/8個、

塩ふたつまみ、からし・黒こしょう・あればセージ各適量

 

【作り方】

1.椎茸は軸を外し、軸はみじん切りに。玉ねぎもみじん切りに。

2.おから、片栗粉、玉ねぎ、椎茸の軸、調味料類を混ぜる。まとまる量まで水を少しずつ加える。

3.ひっくり返した椎茸の上に2をのせてしっかり貼り付ける。

4.熱したフライパンに椎茸を並べ、強火で少し焦げ目をつけてから水を加えて蒸し焼きにする。

 

 お好みで刻みねぎと、柑橘をしぼったものか、ぽん酢か醤油をかけてどうぞ。

 おからでなくても豆腐でもいいし、ベジでない方はもちろんひき肉でもOKでございます。

 分量は適当でいいですよ。私もめっちゃ適当なのを思い出しながら書いてるだけなんで。

 

 

こぶし190314

 通勤ルートの街路樹がこぶしであるのに気づきました。

 梅も、沈丁花も咲いています。

 農作業をされている方は2月初旬には春を感じていると思いますが、ここまで来ると都会人にもはっきりわかりますね。

 いや、桜が咲くまで春じゃないという方もいるかもですけど。

 私はこの季節が一番好きです。早春をお楽しみください。

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

オリジナル米粉でケーキづくり!

  • 2019.03.11 Monday
  • 11:20

米粉シフォンホール

昨年初めて企画したオリジナル米粉。会生産者の無農薬米を使って微粒子に製粉しています。

 

これを使っておいしいレシピを作るように、とお米担当の専従Wから指令が出ました。

いつも昼休みに手作りお菓子を披露してくれるパートスタッフのトモちゃんにお願いしたところ、すぐ翌日にこんな力作がー!!

 

米粉ケーキセットトモちゃん

 

仕事帰ってから4回も焼いてくれたんです。すごすぎる。脱帽!

 

米粉シフォン

左が玄米粉のシフォンケーキ、右が白米粉のです。

色の違いは、粉ではなくて卵のせいみたい。

(左は桜井常人さんの、右は湯浅拓さんの卵を使っています)。

 

ふわっふわ。言われなければ米粉とも全然わからない、とてもおいしいシフォンでした。

白米粉の方が若干甘みを感じるというのがみんなの感想でした。

レシピはこちらを参照されたそう。

 

米粉パウンド

こちらは玄米粉のはちみつパウンドケーキ。

ちょっとパサつきやすいレシピだったそうで、焼き上がってからシロップをかけてくれています。

味はおいしかったよ。

レシピはこちら

 

オリジナル米粉

これがオリジナル米粉です。

滋賀県東近江市のあふみ農園、長谷川さんの無農薬米で作りました。

専従Oによると、これまで食べた中で3本の指に入るぐらいおいしいお米だそうです。

左が玄米粉、右が白米粉。ほんのり色が違いますが、それほど変わりません。

 

今週配布する注文トピックスNo.34で白米粉の方の注文を取ります。

玄米粉はNo.41で取る予定。

 

ういろうや鬼まんじゅう、団子のような和菓子にはもちろん、

このように洋菓子にもおいしいことが実証できました。

おかずとしても、おやきやチヂミ、シチューのとろみづけにもバッチリおいしい。

センターオリジナルの米粉をよろしくお願いします!

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:おやつ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM