全国有機農家らのここだけマルシェ(2/24@大津)参加募集!

  • 2019.02.05 Tuesday
  • 17:18

マルシェちらし 

△▼△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▼△▽
     ♪ 全国有機農家らのここだけマルシェ ♪
     = 全国有機農業の集い2019 in 琵琶湖 =
   2019年2月24日(日) @滋賀県大津市 琵琶湖畔
▽△▼△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▼△

 

 国産や地元材料の使用、無添加、フェアトレード、伝統製法などいのちを大切にする食べもの、

雑貨などが大集合。

 どなたでも自由にご参加いただけます。2/24のランチはぜひこちらで!

 生産者ご自慢の有機農産物や加工品を、作り手とのコミュケーションとともにお楽しみください。 

 

■日時:2019年2月24日(日) 10:00-14:00
■会場:アヤハレークサイドホテル
(滋賀県大津市におの浜3丁目2-25)
    JR東海道本線(琵琶湖線)膳所(ぜぜ)駅より徒歩12分、
     または大津駅より送迎バスで5分(9:40に滋賀銀行前より出発)
     http://www.ayaha.co.jp/lakeside/ 

 

※マイ箸、マイ食器、マイバッグをご持参ください。

 

■出店団体(予定)

愛農学園農業高等学校(三重県・有機野菜)、安全農産供給センター(京都府宇治市・有機農産加工品等)、under tree(京都市・グルテンフリーのスイーツ)、尾崎ファーム冒険団(福井県若狭町・無農薬天日干し米、餅、ポン菓子等)、NPO法人兵庫県有機農業研究会(兵庫県丹波市・有機野菜、塩糀等)、Oyacky’s おやっきーず(滋賀県草津市・おやき、汁物)、影山製油所(島根県出雲市・天ぷら試食と食用油販売)、がんばカンパニー(滋賀県大津市・クッキー)、この指とまれ農場(三重県伊賀市・有機野菜等)、食と農・かきのきむら企業組合(島根県吉賀町・有機農産加工品、天然酵母パン)、秀明自然農法ネットワーク(滋賀県甲賀市・自然農法農産加工品、書籍)、Shop Madre(滋賀県近江八幡市・無農薬米自家製粉米粉おやつ)、Takashima Natural Farm KAIDE+高島自然農法研究会(おこわ、おかず味噌、自然農法農産物等)、玉屋珈琲店(コーヒー)、たんぽぽ食堂(滋賀県甲賀市・有機野菜のランチプレート、ジビエカレー)、使い捨て時代を考える会(京都市・書籍等)、月ヶ瀬健康茶園(奈良市・無農薬茶の試飲販売)、手仕事工房むいむい(滋賀県東近江市・有機野菜の弁当、焼き菓子、綿繰り・糸織り体験等)、天然酵母パンの店Pan de PaPa(大阪府枚方市・国産小麦パン)、フランク菜ッパ(京都市・オーガニック加工品)、農家楽舎 みやけ/maimai(京都府福知山市・米、ハンドメイド米袋バッグ)、農文協(書籍)、ノラノコ(滋賀県東近江市・無農薬・無化学肥料・不耕起米試食販売)、火野山ひろば(滋賀県高島市・焼き畑農耕の紹介)、琵琶湖フィッシュアンドチップス(滋賀県・琵琶湖ニゴイの米粉フリッターと有機ポテトチップス)、ベトナム食堂 COMCOM(京都府・生春巻き、バケットサンド等)、福島県二本松有機農業研究会(綿製品、有機農産加工品等)、ボングー(兵庫県宝塚市・カレースープ)、有限会社秀明ナチュラルファーム(滋賀県甲賀市・書籍等)、ゆあさ農園(群馬県高崎市・有機梅干し等)、Wai'oli Farm ワイオリファーム(広島県福山市/無農薬野菜でつくるおせんべい等)、ほか

※各出店者の詳細はこちらで紹介しています。

 

■カタリバ特設コーナー 農の難問ギモンを語ろう! 13:00-13:50 
 「有機農業の具体的な技術が知りたい」
 「どうやったら販売先を見つけることができる?」
 「無農薬が周囲の農家に理解されないのはどうすれば?」
 などなど、長年の経験をもつ有機農家の方に、あなたの質問をぶつけてみませんか。
 すぐに答えが出ること、出ないこと、いろいろあると思いますが、集まった人たちと意見交換すれば何かが見えるかもしれません。
 回答者 尾崎 零(日本有機農業研究会幹事、「農を変えたい!全国運動」幹事)

     出演のドキュメンタリー映画「フランドン農学校の尾崎さん」予告編

■主催:日有研全国大会2019実行委員会/日本有機農業研究会


■問合せ 実行委員会事務局 (株)安全農産供給センター
     TEL 0774-22-4634 FAX 0774-24-9512
     Mail nousan@peace.ocn.ne.jp

 

※マルシェに先立ち、同会場で「種苗交換会」を行います。
 有機農家らが自家採取した大切なタネを交換しあいます。
 詳細はこちらをご覧ください。

 

※本イベントは、「全国有機農業の集い2019 in 琵琶湖」の一環として
 企画しています。集いの全体については、こちらをご覧ください。
 

 

JUGEMテーマ:オーガニック農産物

 

今週のパック野菜20190131(紅芯大根とヤーコンの変わりなます)

  • 2019.02.01 Friday
  • 10:46

 やっぱり減らないパックであった。

 

パック野菜190131

(左)ミニパック野菜(8種9品)

紅芯大根S、かぶ、赤白かぶ、セロリ、小松菜1、小松菜2、ターサイ、菊菜、ねぎ

 

(右)パック野菜(15種17品)

大根、紅芯大根S、キャベツ、かぶ、赤白かぶ、小松菜×2、ほうれん草×2、菊菜、しろ菜、水菜、チンゲン菜、セロリ、ねぎ、原木生椎茸、白ネギ

 

 ミニはちょっとだけ減りましたが、レギュラーは今までどおり。キャベツがコンテナからはみ出していました。

 ターサイが巨大。だから、かさばるので宅配のセットには入れてくれるなと言っているのに……。

 (自分とこの発信媒体を読んでないスタッフってどうよ)。

 

パック野菜ミニ190131中身パック野菜190131中身

(それにしても、「小松菜1、小松菜2」と「小松菜 2束」はどう違うんだ……)。

 

 たまたま今週は、使い捨て時代を考える会の事務所に行ったら、ちょうどセンターの供給のトラックが着いたところでした。

 何人かの会員の皆さんが待ってらして、わいわいと荷下ろし。

 「大根はもう終わりですかねー?」というような会話が交わされていて、普通にまち暮らしならこういう言葉は出ないよね、と興味深く聞いていました。

 

 さて、「全国有機農業の集い2019in琵琶湖」の準備で超絶忙しいので、今回は簡単に。

 来週2月第2週から配布するトピックスのレシピと同じものですが、ちゃんと色をお見せしたいのでこちらにも写真を載せます。

 

紅芯大根とヤーコンのなます

★紅芯大根とヤーコンの変わりなます 

 
【材料】紅芯大根:好きなだけ ヤーコン:好きなだけ 
     塩:適量 酢:適量 白練りごま:適量 黒ごま:適量
々反賃膾とヤーコンは皮を厚めにむいて細切りにする。
塩、酢、白練りごまであえる。
4錣棒垢辰董△劼佑蠅瓦泙鬚佞襦

 

 紅芯大根のおかげで色が華やかです。ヤーコンが爽やかに香りますが、練りごまがうまくまとめてクセを感じさせないので、何を食べているのか不思議に思いながらも素材の甘みがおいしいと感じます。箸休めにどうぞ。

 皮をむくのは、ヤーコンは白さをきれいに出したいから、紅芯大根は硬いからです。
 厚めにむいた皮は、細切りにしてごま油と醤油で炒めれば、きんぴらとして翌日のもう一品になります。じゃがいもやさつまいもを加えるのも、違った食感が加わっておすすめです。

 

 紅芯大根はまもなく終了します。

 心残りのないよう、今のうちにたくさん召し上がってください。

 こちらの紅芯大根スペシャルの記事もご覧くださいね。

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

今週のパック野菜20190124(かぶでマリネと雪見鍋)

  • 2019.01.26 Saturday
  • 18:41

 今週もバラエティ豊かでした。

 

パック野菜20199124

 

(左)ミニパック野菜(10品)

金時人参、白菜、大根、かぶ、赤白(赤)かぶ、ねぎ、セロリ、小松菜、菊菜、ターサイ or チンゲン菜

 

(右)パック野菜(14種16品)

金時人参、白菜S、丸大根S、かぶ、赤かぶ、白ねぎ、ブロッコリー(規格外)、セロリ、小松菜2、ほうれん草2、水菜、しろ菜、山東菜、原木生椎茸

 

 通常量にペースダウンした、と先週は思いましたが、……減ってきませんね。

 納豆担当の専従Uが、野菜が減らないと納豆が売れないと嘆いていました。野菜の量を見ながら生産量を調整しないといけないらしく、数を読み損ないそうだと困っていました。

 そりゃまあ、食べる方はお腹の容量は同じだから、野菜が入った分だけ納豆のスペースはなくなりますわね。

 むずかしい。

 

 昨年のこの時期は野菜がなくて困っていたのだそうですね。

 不足することにないように、と今年は生産者の皆さんもずいぶん工夫してくださったのだと思いますが、そうなるとまた余剰が山ほどできたりすると。

 自然相手は不便です。当たり前のことなのだけれど。

 

ミニパック野菜中身20199124パック野菜中身20199124 

 

 さて、毎週、順調にかぶが入っています。白、赤、赤白。

 煮ても焼いても生でもおいしく、私は大好きなんですが、皆さんはどのように食べていらっしゃいますか。

 たくさんあって困っているという方には、雪見鍋(みぞれ鍋)がおすすめです。

 大根の代わりにすりおろして、お好みの鍋が煮立ったらどっさり加えていただきます。

 かぶの甘味が大根とは違った風味でおいしいですよ。

 

 え、赤かぶなら雪にならないって?

 では、マリネはいかがでしょうか。薄くまわし切りにして、塩をふり、好きな酢かかんきつの汁をかけて馴染ませるだけ。皮が赤く中が白いかぶも、酢の効果で全体が桃色に染まってきれいです。

 お好みで、オリーブオイルをたらしたり、黒こしょうをふってもおいしく召し上がれますよ。

 焼きかぶのレシピはこちらで紹介しましたので、ご覧ください。

 

 かぶは、白いの、赤いの、赤白の、紫の、赤紫の、長いの、細いの、丸いの、とバリエーション豊かです。

 それぞれの土地にそれぞれに伝わった品種があり、飽きません。

 会員の皆さんのお手元にお届けできるのは、そのうちごく一部の品種だけ。

 楽しいから、ぜひ直売所などでいろいろなかぶを観察してみてくださいね。

 

(げんころ)

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

 

第26回まぁのミートミーティングへのお誘い(2/16開催)

  • 2019.01.21 Monday
  • 11:56

お肉の「まぁの」さんから、学習会のお知らせです。

参加を希望される方は、安全農産供給センターへ1月31日(木)までにお知らせください。

 

 宇治市槙島町目川118-7 安全農産供給センター
 TEL 0774-22-4634  FAX 0774-24-9512
 <mailto: nousan@peace.ocn.ne.jp>
 

 

小さな畜産の明日は…              2019年1月3日

     第26回まぁのミートミーティングへのお誘い

 

 昨年10月からゴーバル豚肉の取り扱いを始めました。そして公式デビューをミートミーティングの場でと考え、石原さん親子に出席いただくつもりでした。ところが昨年10月以降、岐阜県下で6件もの豚コレラが発生し、人の移動も自粛せざるを得なくなりました。当日詳しい説明をさせてもらいます。

 一方畜産をめぐってはTPP11がとうとう一部発効しました。さらにアメリカとのFTA交渉も始まります。これは畜産だけでなく日本の国内での影響や国際的立場をめぐる深刻な問題ですが、どうも一般の関心は低いようです。この時期に改めて日本の畜産はどこに向かおうとしているのか、みんなでじっくり話し合いたいと思います。講師としてこれらの問題を追及し、発言を続けておられる鈴木宣弘さんをお招きします。講演と質疑応答で3時間取っていますので、皆さんも一緒に勉強しましょう。

 会場は今回初めて、大阪愛農食品センターの宮脇社長からお勧めいただいた江坂のレストラン「セカイノヘイワ」で行います。グルテンフリーを謳い、自然栽培、有機栽培の野菜を使っています。まぁのの牛豚肉も使っていただきます。定員が限られますので早めのお申込をお願いします。

 

日にち

2019年2月16日(土)

 

会場

レストラン「セカイノヘイワ」

吹田市江の木町14−9  06−6318−7752

 

スケジュール(午後)

2:00〜2:20 アルプス牛生産者

          福沢良紀さん、青木連さんのお話

2:20〜2:45 ゴーバル(石原潔さん、弦さん)の紹介

2:45〜3:00 ティータイム

3:00〜4:00 鈴木宣弘さん講演

4:00〜6:00 質疑応答

6:00〜7:30 交流会

 

定員  25名

参加費 1000円  ※ 交流会は別途4000円

参加申込

 所属のグループを通じて、ファックスかメールで、1月中にまぁのまでお知らせください。

(グループ名と参加者名はフルネームで、会議と交流会は分けて明記ください)

 

主催 まぁの

TEL 06-6495-2546   FAX 06-6495-2900

E-mail  mano0298@snow.plala.or.jp

 

 

アルプス牛生産者の皆さん

福沢良紀さん

 いつまでも若いといわれ続けている福沢さんですが、12年前に酪農を廃業して今は主に集乳の仕事をしています。

 日ごろ牛飼いを任されているお連れ合いのまさみさんも70歳を越えて、電話口では「小村さん、仕事がえらいんだよ」とぐちをこぼしつつも9頭の牛の世話に精を出しています。

 牛たちも大事にされて穏やかな表情です。

 リニア工事で水問題や高圧線の鉄塔工事などを心配しています。

 

青木連さん

 争いを好まない穏やかな性格で、絵を描くことが大好きです。

 若手の牛飼いとして大鹿村のみならず、伊那地方でも存在感を増しています。毎月牛をいただいている肉屋としての感想は「父の技術をしっかり受け継いでいるなぁ」と思います。仔牛を素直に大きく育て、安定して間違いのない肉質に仕上げてくる…そんなレベルに近づいているように思います。また人工授精士の資格を取得し、黒毛和牛も育てています。

 まもなくすぐ近くでリニア工事が始まります。牛への影響に気をもんでいます。

ゴーバル豚肉

 豚コレラの影響でミートミーティングに来ていただけなくなりましたので、簡単に紹介しておきます。なお当日は詳しい資料をいただいて紹介します。

 ゴーバルが岐阜県の串原村(当時)に入植して40年近くになります。当初からハム加工を始め、やがて地元の養豚組合を引き継ぎ、豚の生産からハム加工までを一貫して行う「山のハム工房ゴーバル」として多くのファンを作ってきました。当初のメンバーの石原潔さん、桝本さんたちに長い歴史の中でメンバーが加わり、今は20人以上のスタッフで運営しています。豚の経営は石原潔さんの息子の石原弦さんが担っています。

 

講師プロフィール

鈴木宣弘(すずきのぶひろ)さん

<略歴> 1958年三重県生まれ。1982年東京大学農学部卒業。農林水産省、九州大学教授を経て、2006年より東京大学教授。98〜2010年(夏季)コーネル大学客員教授。専門は農業経済学。日韓、日チリ、日モンゴル、日中韓、日コロンビアFTA産官学共同研究会委員、食料・農業・農村政策審議会委員(会長代理、企画部会長、畜産部会長、農業共済部会長)、財務省関税・外国為替等審議会委員、経済産業省産業構造審議会委員、JC総研所長を歴任。国際学会誌Agribusiness編集委員長も兼務。『食の戦争』(文芸春秋、2013年、『悪夢の食卓』(角川書店、2016年)、『牛乳が食卓から消える? 酪農危機をチャンスに変える』(筑波書房、2016年)、『亡国の漁業権開放〜協同組合と資源・地域・国境の崩壊』(筑波書房、2017年)等、著書多数。

 

 

JUGEMテーマ:おいしいお肉

今週のパック野菜20190117(風邪対策に大根)

  • 2019.01.19 Saturday
  • 16:15

少し中身の変わってきたパック野菜です。

 

パック野菜190117

(左)ミニパック野菜(10品)

大根、カブ、雑煮大根、ネギ、セロリ、小松菜、ホウレン草 or チンゲン菜、水菜、ブロッコリーM(9品)

 

(右)パック野菜(13品)

キャベツS、大根S、かぶ、赤カブ、白ネギ、ブロッコリーM、セロリ、小松菜、ホウレン草、水菜、しろ菜、菊菜、チンゲン菜(13種14品)

 

量が少し落ち着きましたが、どうですか皆さん、食べ切れていますか。

 

南丹地域の生産者の中には、量が多くなりすぎないようにカブの出荷を送らせてくださっている方もいるとのこと。

ご配慮ありがとうございます。

春が近づくと“す”が入るので、おいしいうちに食べられるように祈っています。

 

パック野菜190117ミニパック野菜190117レギュラー

 

さて、現在センターでは風邪が大流行です。

専従U1を震源地に、U2、M、N……熱が出てつらそう。

しかし! 人手不足のセンター、高熱でも休めない……! ひどい。

ちょっともう、この体制の問題、今年中にはなんとかしましょうよ〜(泣)。

 

風邪の対策はひきはじめが肝心です。

あれ、ヤバイと感じたら、すぐに体を温め、しっかり休息を取る。

栄養を摂らなきゃと思わずに、食べたくないときには食べない。胃腸に負担をかけると一気に悪化することがあります。

調子の悪いときは絶食する野生動物のように、きちんとお腹がすいてくるまで胃は休ませましょう。

熱い番茶に梅干しと醤油を入れた「梅醤番茶」をこまめに飲んで、体を温めつつ殺菌を。

 

食欲が戻ってきたら、大根がお薦めです。

根菜には体を温める効果があります。大根の辛み成分には喉の炎症を抑える効果も。

 

 

風邪引きさんのおろし雑炊

 

1.おかゆをつくる。醤油と塩で味を調える。

2.水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。

3.大根おろしを入れて火を止める。

 

大根には抗酸化力があり、ビタミンC、消化酵素も豊富と、体が弱っているときにうれしい食材です。

ビタミンCや酵素を壊さないよう、大根おろしを加えたらぐつぐつ煮ないように。

梅干しや刻みネギ、すりおろししょうがをのせると効果アップ。

タンパク質がほしければ、消化のよい麩か豆腐を加えるのがおすすめ。

おかゆのかわりにうどんでもおいしくできますよ。

 

1月20日は大寒。

風邪からの回復期に、また風邪予防に、あったかい大根メニューをどうぞ。

 

(げんころ)

 

 

JUGEMテーマ:野菜で健康生活

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方
野菜はともだち―産直野菜の上手な食べ方 (JUGEMレビュー »)
使い捨て時代を考える会, 安全農産供給センター

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM